2010/09/07

燃費が大幅にアップ!

先日、テラノのエアコン・コンプレッサーを交換し、昨日初めての給油をしました。

  ・燃費   7.55km

04'から燃費を付け始めて、これまでもこの位の燃費は何度か出たことがありましたが、
ここ数ヶ月の平均を考えたらダントツの数字です。
  ・H22.03   6.85km
  ・H22.04   6.25km
  ・H22.05   6.47km
  ・H22.06   6.64km
  ・H22.07   6.27km
  ・H22.08   5.94km

特に、調子が悪くなった車検後の燃費はと言うと、
  ・H22.07.26  5.51km
  ・H22.08.02  5.82km
  ・H22.08.10  6.07km
  ・H22.08.20  6.17km
  ・H22.08.30  5.66km
ですので、如何にアップしたかが判ります。

たぶん、相当燃費が良くなっているだろうと期待はしていましたが、
調子の悪かった時と比べて燃費が2kmアップは期待以上の数字です。

て言うか、それだけコンプレッサーに負荷が掛かっていたって事ですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/06

テラノのセキュリティ交換

■ リモコンが不調
これまでも日産純正のリモコンエンジンスターターは搭載していました。

当初は、このエンジンスターター機能がとても便利で重宝していたのですが、最近ではECOの観点から暖気は全くしなくなりました。盗難防止シテスムとしても、ドアのオープンを感知するだけと言う簡単な物です。それでも、テラノ購入当初からずっと使っていました。

ところが、最近になって、このスターターのリモコンが利かなくなってしまいました。しかも、一番使うドアのロック/アンロックボタンのみがです。そこで、ディーラーにリモコンだけ交換できないか聞いてみたのですが、既にリモコンのみの交換は出来ず、ユニットごと交換になるとか・・・。既に取り付けてあるエンジンスーターの取り外し料まで入れると、部品と工賃で約70,000円の見積もりでした。

■ 本格セキュリティの導入検討
ディーラーの担当者も、
『日産純正のカーセキュリティシステムは、現行のイモビライザー搭載車に追加で設置する様に設計されている物なので、それ以外の車種には社外品のセキュリティシステムの導入をお薦めしています』
との事。なるほど、当然言えば当然な、何とも納得のいく回答です。

そこで、今回思い切って、社外品のセキュリティシステムを取り入れることにしました。

最初に考えたのはVISION社の『1440R』。これは純正のキーレスリモコンで動作し、しかもDSで特価19,800円に取り付け料12,600円と値段が安く、セキュリティ機能は完璧です。ところが、私のテラノは車両純正のキーレスリモコンでドアの施錠/開錠した際、純正機能としてハザードが点滅しないため、取り付けできない事が判明・・・。

■ 『1370S』に決定
で、結局専用リモコンが付属しているVISION社の『1370S』を導入する事にしました。こちらは、取り付け料込みで67,000円でしたが、セキュリティ機能としてはアンサーバックのリモコンもついていますし、申し分なしです。

しかし、既に取り付けてあるエンジンスターターの機能が生きていると取り付けできないと言う問題が発生。しかも、それはディーラーじゃないと取り外せないとか。色々と協議した結果、エンジンスターターのメインスイッチをOFFにして機能を停止させれば大丈夫だろうと言うことになり、そのまま外さずに対応する事にしました。

そして、取付時間に3時間。代車を貸してくれたので、その間食事や買い物に出たりして時間を潰し、指定時間に再来店すると、ちょうどリモコンの受信機の取付位置を決めているところでした。出来るだけ綺麗に、そして目立たないようにと言う希望にも快く対応してくれました。
4996327038160

■ インプレ
『1370S』の主なセキュリティ機能は次の通り。
 ・イグニッション感知
 ・ドア感知
 ・衝撃センサー感知
それぞれで異常を感知すると、30秒間サイレンを鳴らします。しかも、サイレン音は125dBのBEEP1音色。これまでの日産純正のエンジンスターターによる警報はクラクション音だっただけに、いかにも緊急事態発生って感じで威嚇効果バツグンです。もちろん、ON/OFF時にも同じ音の確認音が出ます。

ただ、リモコンで使用している電池がアルカリ単四電池なのですが、その寿命が約1~2ヶ月と言うのにはちょっとガッカリです。電池を交換する度に時計を設定したりする作業も面倒ですし、出先で電池が無くなったりしたら、セキュリティを解除するだけでも大変そうです。

先日のエアコンコンプレッサー交換に引き続き、とても痛い出費でしたが、私の地区でも車両盗難が頻発している事を考えると、必要不可欠な投資だと思います。

また、家族からは「何で今更テラノにセキュリティなの?」と手痛い質問もありましたが、まだまだこれから30万km走破を目指すからと言うことで納得させました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/31

テラノ 完全復活!

車検から帰ってきた愛車テラノが超~不調となり、ディーラーへ持って行っても埒があかず、ほとほと困り果てていたのですが、ついに不調の原因が判明しました。

原因はエアコンコンプレッサー。それはディーラーで色々調べてもらっている最中に、『ちょっとガラガラ音が出ているみたいですが・・・』と指摘されたのが切っ掛けでした。

そう言えば、外気温が高い日は、決まってエアコンのコンプレッサーもフル稼働してます。当然、そこに異常があれば負荷が掛かるはずです。
つまり、
 ① コンプレッサーに高負荷が掛かる。
     ↓
 ② エンジンのパワーがコンプレッサーに回る。
     ↓
 ③ パワーダウンに対処するため、自然とエンジンは高回転をキープしようとする。
     ↓
 ④ クラッチが滑っている様な錯覚に陥る。
と言うことらしいです。
ちょうど同じ頃、マイミクで「With"F"」仲間のアフロさんもエアコンコンプレッサーを交換したらパワーが戻ったとつぶやきに書き込みされていた事もあり、交換即決です。

モーターの音の様に聞こえていたのは、もしかしたらコンプレッサーのブレる時に出ていた音だったのかも知れません。半年程前からエンジン内部でガラガラ・バタバタ音が聞こえていたのですが、その時は『ベルトが減っているので交換しましょう』と言うことで対処されましたが、実はその頃から少しずつ蝕まれていたのでしょう。

しかし、ディーラーでコンプレッサーを注文しようとしたら、新品か中古品でないと手に入らないと言われ、新品での見積価格は部品代だけで95,000円でした。リビルト品では無いのか確認しましたが、テラノには設定が無いとのこと。

『それでは、自分でリビルト品を探します』と言う事で、ネットで検索してみたところ、結構有るではありませんか。その中でも、マイミクで「With"F"」仲間のマルさんから紹介された『水野商店』が信用できそうでしたので、そこで購入することにしました。価格は41,475円。取り付けに関してはディーラーに問い合わせたところ、快く引き受けてくれました。

ただ、『水野商店』からは3つの条件が出されています。
 ① リキットタンク交換
 ② エキパン交換
 ③ サイクル内の古いオイルの除去・サイクル清掃
また、交換した部品はリビルト品として再利用するため、2週間以内に返送が必要です。

ところが、ディーラーでエキパイが欠品しているらしく、とても2週間以内に返送は無理そうです。とりあえず、サイクル内を清掃してもらい、その汚れ具合でエキパイを交換するかどうか決めることにしたのですが、中はとても綺麗で、リキットタンクも交換する必要も無いとのこと。一応、リキットタンクの交換とサイクル内の清掃をしてもらうことにし、エキパイはそのままとする事にしました。

修理から帰ってきたテラノに乗ってみてビックリ!。パワーが15psはアップしたのではないかと思うくらいの復活ぶりです。しかも、エンジン内部から聞こえていた雑音もすっかり無くなり、まさに絶好調です。

今回掛かった修理費用は次の通りでした。
 ・ コンプレッサー(リビルト品)    41,475円
 ・ リキットタンク             8,478円
 ・ オーリング等              287円
 ・ フレオンガス(R134A)        2,756円
 ・ 技術料               27,484円
                 計    80,480円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/18

日産に持って行ったけど・・・

本日、テラノの不調を訴えて日産に修理依頼に持ち込みました。

皆さんから教えて頂いた通り、
  ・ATFの熱ダレ説
  ・トルクコンバーター不良説
  ・ATそのものの不良説
など、こちらから色々と提言しても、担当者は『症状が確認出来ない限りは・・・』の一点張りです。
『同じテラノで同じ症状は出ていません?』の問いにも『いいえ』との回答。
とりあえず、今日の夕方まで預けることにしました。

ちなみに、ATを交換するとなると幾ら掛かるか見積もりしてもらったら『25万円』の回答・・・。聞いていた話よりだいぶ高いのにもガッカリです。

やっぱりそろそろ日産とも手を切るべきなのでしょうか・・・。と言うより、別店舗へ一度行ってみるべきかもしれません。

ちょっと期待していただけに、何か本当にガッカリしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/12

テラノ・・・車検から帰ってきたら調子悪 (-.-;

7月末に車検切れとなるため、7月14日にディーラーへ持ち込み、2日で帰ってきました。
今回の車検で交換した主な部品は以下の通り。
  ・フロントブレーキパット
  ・オイル
  ・クーラント液
  ・エアダクトホース
  ・クリーンフィルター
  ・バッテリー
  ・発煙筒
既に走行距離は156,335kmでしたので、色々と交換すべき物がありましたが、交換が必要な物は全てお願いしました。

ところが、車検から帰ってきてすぐにテラノの挙動が可笑しいことに気づきます。
これまで発進時のエンジン回転数は2,000回転程度もあれば充分でしたが、アクセルの踏みしろはこれまでと同じなのに2,500~3,000回転まで回転数が上がり、エンジンが唸りを上げます。そのくせ進み具合はこれまでと同じです。
しかも、その現象がいつも発生する訳ではありません。
ただ、現象が発生するのは次の条件の時が多い様です。
  ・停止状態から発進する時
  ・ギアが一速の時
  ・外気温が35度以上の酷暑の時

ディーラーにその旨を伝えても原因は特定できず、首を捻るばかりです。既に納車から11年も経つとあって、新車購入を促されているのかも・・・。

そこで、素人なりに色々と考え、対策を取ることに。

■ATFの交換
動力伝達の過程で不具合があるとなれば、まずATFが疑わしいと思い、すぐさま交換を依頼。
これまでも約50,000kmごとに交換をしていたので、交換時期でもありました。

しかし、ATFの交換後も同じ症状が発生します。これは白だったようです。

■デフ・トランスファーオイルの交換
次はデフとトランスファーオイルの交換を依頼します。
これは基本的には交換不要と言うことでしたが、納車以来一度も交換していませんでした。

しかし、力強さを取り戻しはしたものの、やはり同じ症状が現れます。
これも白だったようです。

ここで日産は一週間の夏期休暇に入ってしまいました。
あと考えられるのはクラッチかミッションでしょうか。
休暇明けにはまずクラッチ交換を依頼してみるつもりです。
もし原因がミッションだったら、修理代も高く付きそうです。

せっかく大好きなテラノなのに、今は遠出するのが怖いです。
早く直ってくれれば良いのですが・・・。

ところで、もしクラッチ交換となったら、いったい幾ら位掛かるのでしょうか・・・。
初めての事だけに、ちょっと不安です (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/30

テラノ タイヤ交換

前から気になっていたのですが、テラノのフロントタイヤがツルツル状態になっています。ブリジストンのA/Tを履いているので、通常の走行では問題ないと思いますが、やっぱりウエット状態ではちょっと不安。

Img_5511 Img_5519
ここまで使ってあげたらタイヤも本望でしょう。そろそろ交換してあげることに。やっぱり今回もブリジストンのA/T693を履くことにします。あまり活躍する機会はありませんが、ちょっとした積雪ならばスタットレスがなくてもこれで十分です。

Img_5515 マイミクでもあるSき原さんのお店で交換です。時間にして30分程度。窒素ガスも充填してもらい、取り付け完了。これでこの冬も無事に越せそうです。

ブリジストンのホームページで慣らし走行について見てみると次の通り記載されています。

■ならし走行
新品タイヤ装着時にはタイヤがなれるまで、夏用タイヤの場合、80km/h以下の速度で最低100km以上、冬用タイヤの場合、60km/h以下の速度で200km以上の走行距離のならし走行を行ってください。

しばらくの間は大人しく走ることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/04

テラノ・・・4度目の受難

昨日の夕方4時頃、事務所の女子職員が血相を変えて事務所の玄関に入って来るなり『車をぶつけちゃいましたsign03』と大騒ぎsweat01。しかも、何とその相手の車と言うのが私のテラノでしたshock

事務所と言っても、従業員5名と言う小さな事務所のため、駐車場もそれほど大きくありません。とは言え、各自が自動車を停める位置はいつも同じ。慣れた場所だからこそ生じた油断だったのでしょうか・・・coldsweats02

擦りむけた所
テラノの傷はと言うと、バックでぶつかったと言うこともあってか、幸いそれほど大きくはありませんでした。で囲んだ部分、フロントバイパーの擦り傷と、右フェンダーの一部が凹んでしまいました。

凹んだフェンダー
とりあえず、茨城日産に持ち込んで見積もりをしてもらったところ、修理代は約10万円。これに代車代がプラスとなりますので、今回は相手方の自動車保険を使うことになりました。もちろん、駐車中の私のテラノにぶつかったので、相手方の負担割合は100%です。

藪かき痕
でも、あまり大きな声では言えないのですが、本当のことを言うと、一昨年暮れに参加した『北茨城林道ツー』や、昨年参加した『八ヶ岳林道ツー』の時の擦り傷が、フロントバンパーに今も痛々しく残されていましたsweat01。つまり、今回はその傷も一緒に直ってしまうことになります。これにはちょっとラッキーな気分もしたりして、心境複雑です・・・coldsweats01

それにしても、これでテラノは4度目の災難ですwobbly。しかも、その内3回は駐車中にぶつけられると言う物。こんなに大きくて白いテラノなのに、本当に不思議ですweep

今回の傷も大したことが無くて良かったですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/28

テラノ120,000km突破 ヽ(^0^)ノ

120,000km達成 私のテラノのオドメーターが、120,000kmを突破しましたhappy02。納車から8年6ヶ月目での達成ですbell

当然ですが、今まで私が乗ってきた歴代の自動車の中ではダントツの走行距離ですrvcardash。でも、まだまだ全然他の車に目移りすることもなく、『このまま永遠に乗っていられるのでは』と錯覚してしまいそうなくらいですcoldsweats01

反面、走行距離が長い分、事故や故障も数知れず・・・coldsweats02。5年前には相手の信号無視から、運転席側を大きく損傷する事故に遭いwobbly、昨年はエンジントラブルからエンジンの載せ替えshockをするなど、様々な苦難を乗り越え、ようやっとの120,000km達成ですsweat01

とは言っても、よくよく考えると何とも中途半端は走行キロですが、一応メモリアルと言うことでアップしてみましたcoldsweats01。次回のメモリアルは123,456kmでしょうか。このペースですと、6月初旬には達成出来そうですcatface

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/08/30

私のテラノ・・・じゃないナ (^^;

R3m-Xエアロリミテッド 今日、茨城日産潮来支店の前を通ったら、テラノの中古が売られていました。しかも、私のテラノと同じR3m-Xエアロリミテッド。じっと見てたら、何か自分のテラノとダブって見えて、つい『2号車で買っちゃおうかなぁ・・・』みたいな気分に成ってしまいました。

価格は105万円で、走行距離は73,677km。平成12年式のガソリン車で、全く私のテラノと同じバージョン。しかも修理歴無し。エンジンを載せ替えたとは言え、既に走行距離は113,000kmを超え、信号無視で横から突っ込まれると言う大事故による修理歴も在る私のテラノを比べれば、全然良いかもと思ってしまいます。

でもその一方で、そんな苦難を供に乗り越えてきた自分のテラノだからこそ、こんなにも愛着があるのだとも思えたりして、乗り換えるまでの気持ちにはなれませんでした。

このテラノが、誰か良いオーナーに買われてくれればと良いなぁ~と願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

燃費は強者 (-.-;

テラノの燃費向上のため、今年に入ってから色々と努力をしてみました。

・急発進、急加速をしない。
・暖機運転は短めにする。
・エンジンブレーキを積極的に使う。
・スタート時はATのクリープ現象を利用する。
・クーラーの設定温度は高めに。
・車間距離を取って走る。
・上り坂の手前から加速しておく。
・不要なアイドリングはしない。

など、運転技術として出来ると思われる事をしてみました。しかし、結果は思ったほどはよくありません。

      2004年   2005年   2006年    2007年
3月   5.35km   5.57km   5.67km   5.88km
4月   5.72km   6.29km   5.97km   6.66km
5月   5.68km   5.81km   6.04km   6.74km
6月   6.07km   5.96km   6.10km   6.96km
7月   5.57km   6.73km   6.19km   6.85km
平均   5.67km   6.07km   5.99km   6.61km

もともとあまり過激な運転をする方では無かったですし、また、今年の初めにエンジンを載せ替えている事もあり、単純に比較は出来ないものの、0.5kmを延ばすのがやっとです。

ガソリンの値段が急騰している事を考えると、少なくとも平均を7.00kmにしたいもの。しかし、今の様子では夢のまた夢という感じです。

運転の技術的に限界となれば、後は物理的に強制して燃費を延ばすしかありません。つまり、巷で噂の省エネグッツを取り入れることです。

その第一候補がアーシング。すでにバイクでは実証体感済みだけに、その期待感は大きい。しかも、パワーアップも望めるので、まさに「一石二鳥」なのです。

さて、後はどのメーカーのどのアーシングコードを購入するか・・・。まずは当分の間ネットで情報収集してみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)