2012/09/06

HPの写真集をcgiに変更

自分のホームページには、形だけですがネイチャーフォトが中心の写真集があります。

これまで、写真集の掲載方法をhtmlやcgi、phpにsnsと色々模索、変更してきましたが、どうも今ひとつ自分のイメージとは合いませんでした。で今回、結局は自分のイメージに最も近かったKENTさんの配布されているcgiの「ImageAlbum」を大改造して、公開する事にしました。

もちろん、まだまだイメージ通りと言うわけには行きませんが、それでもだいぶ自分のイメージに近づいてきたと思います。

今回は、更に写真集の詳細ページに「いいね!」と「+1」も追加しました。元々「ImageAlbum」にはコメント機能がありますが、スパム投稿に悩まされたり、コメントするよりは「いいね!」や「+1」は気軽な機能だと思います。

たまたま今回はこれに落ち着きそうですが、また自分のイメージ通りの新しい表現アイテムが現れたら、あっさり乗り換えるかもしれません (^^;

【追記】2012/09/11
せっかく色々試行錯誤して設置した写真集でしたが、InternetExplorerでは意図通りに表示されるものの、GoogleChromeやFirefoxでは表示が崩れてしまうことが判明しました。そこで、改めてスクリプトを見直して見ました。今度こそ大丈夫・・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/07

自宅PC復活♪

自宅PCをWinVISTAからWin7へVerUPしてから、突然画面がブラックアウトしてフリーズ、強制再起動と言う現象に悩まされてきました。

とりあえずの手段として、Win7を再インストールしてみましたが、結果はNG。買い換えの検討も始めました。しかし、このPCは2008年冬に購入したので、まだ2年ほどしか使っていません。しかも、当時奮発して購入したCE/B90だけに、何とも惜しい気がしてなりません。

ところが、運良く再起動が掛かった一瞬に表示されるエラーメッセージを確認する事が出来、それによると、どうやらビデオカードでエラーが出ているみたいです。なので、WinOSのVerUPによるエラーの事例や報告が無いか、富士通のホームページで確認しましたが、在りません。仮にあったとしても、当然ですがWin7へのVerUPによる現象だとすれば、サポート対象外です。

そこで、富士通で動作を確認しているビデオカードのBUFFALO製GX-84GS/E256の購入しようとしたところ、既に販売中止になっています。マザーボードとの相性もありますし、「10日以内なら使えなかったら使用後でも返品可能です」と言ってくれたPCデポで、外寸や消費電力を考慮し、NVIDIA製のGeForce210を購入しました。

Img_0829        左がGeForce210、右が元々取り付けてあったビデオカード。

取り付けは至って簡単。外装は取扱説明書に沿って取り外し、ビデオカードユニットから古いカードを取り外し、GeForce210を取り付けます。掛かった時間は約10分。意外にあっけなく終了。

早速電源を立ち上げると、何とこれがバッチリです。画面も今まで以上にハッキリクッキリよく見えます。当然、強制再起動などの不具合もありません。そればかりか、これまで立ち上げに時間が掛かっていたのが短縮されています。もしかしたらWinVISTAでの不具合も、ビデオカードが関係していたのかもしれません。

後は、新規VerUPにより失ったソフトの再インストールをするだけです。ネットからダウンロード出来るソフトがほとんどでしたので、これも問題なくクリア。ただ、Excel2007だけが、どうしてもパッケージが見つかりません。仕方がないので、とりあえず手元にあったExcel2003をインストールする事にし、後でExcel2010のアップグレード版を購入する事にし、これにて一件落着です。

と思っていたら、今度はプリンターでオペレータエラーが発生。どうやらヘッドを交換する必要がありそうです。しかし、現在はヘッド交換は修理扱い。価格も1万円位と、これは新品を購入した方が良さそうです。一難去ってまた一難です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/26

パソコンが新しくなりました

2002年12月から愛用していたIBMのパソコンが、とうとう電源が立ち上がらなくなってしまい、動作不能となっていまいました。数ヶ月前からWindowsが立ち上がらなかったりして調子が悪かったので、何度かリカバリを掛けたりしてみたのですが、どうやらいよいよ限界のようです。

そこで、パソコンを思い切って新調することにしました。本当は今のWinVistaは避けたかったのですが仕方ありません。

CE/B90
購入したのはFMV-DESKPOWERの『CE/B90』。今までのIBMのNetVistaは黒一色でしたが、今度のFMVは白一色。部屋のイメージがすっかり爽やかな感じに変わってしまいました (^^ゞ

さて、実際に使ってみての印象は、『やっぱりWinVistaは使いづらい』です。各種設定で、今まで通りのWinXPっぽくはできますが、問題は立ち上げの遅さです。これはVistaの致命的な仕様ですから仕方ありません。モニターが大きくなったのは大歓迎ですけど (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/05

我が家に『光』がやって来た

自宅からNTTの基地局までの距離が遠かったので、ADSLによる通信では充分な速度を確保する事が出来ませんでした。しかし、自宅地区では光通信のサービス提供外だったので、それもやむなしの状態でした。

しかし、ついにと言うか、やっと自宅地区でも12月1より光通信サービスの提供エリアとなったのです。サービス開始予定の連絡を受けた今年の6月10日にプロバイダーのアットニフティを通じて、既に申し込み済ませてありました。工事は12月4日午前10時00分からでした。

そして昨日午前、待ちに待った光が自宅に開通しました。工事は専門業者により、2時間程度で終了。ADSLの時とは違って、モデムの設置や可動テストも行ってくれたので、後はパソコンとモデムの設定だけです。以前ADSLで行った設定方法と同じだったのですが、ユーザーIDの後に@nifty.comを入力忘れで、繋がらず、ちょっと戸惑いましたが、他は特に問題なし。

それにしても、光は速い。早速、CanonDigitalのソフトのダウンロードを行いましたが、期待通りと言うより、期待以上の早さでした。これからは、より快適なネット環境が利用できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/21

DVDドライブ

今ある自宅PCには、DVDは見れても書き込みは出来ません。先日外付けHDDを購入して、一応のバックアップ態勢は整いましたが、もしDVDにバックアップ出来れば、メディアとしても安心です。そこで、今回はDVDマルチドライブの導入を検討しました。

まずは、購入するメリットについて。実際問題としましては、今までは特にこれと言ったバックアップを取っていたわけでもなく、それでいて何の問題も起きていません。本当に必要かどうかと改めて言われれば、正直必要無いかもしれません・・・。

しかし、HDDにしてもPCにしても、例えば雷の様な被害に遭えば、当然どちらもデータは無くなってしまいます。これを必要なデータだけをDVDにバックアップできれば、これは更に安心となります。当然、バックアップを二重に取るだけの手間は掛かりますが、それだけの価値はあります。しかも、DVDドライブも10,000円以下となり、値段的にも負担に感じる程でもありません。

さて、今度は外付けタイプと内蔵タイプのどちらのタイプにするかです。当初、PC周りをスッキリさせるためにも、またUSBのスロットを空けておきたいとの考えから、内蔵タイプでの検討をしていました。しかし、もし認識に失敗するなどのトラブルがあった場合には、また現在のシステムに組み直すなど、作業的にはとても煩雑になります。

その点、外付けタイプの場合は、ただ電源を入れてUSBケーブルを接続するだけで認識してくれるなど、セットアップは至って簡単です。幸い、今のPCには既にあまり活躍することの無くなったMOが接続されていますので、USBポートはこれと入替えることにすれば、スロットを塞ぐこともありません。

次はメーカーです。候補に挙がったのはI/OデータとBUFFALOの製品です。それぞれ性能にあまり違いは見られませんし、価格的にも似たような物です。結局、もともと私の使っているIBMのPCに採用されていたのがソニー製のDVDドライブだったと言うことで、相性も考え、同じソニー製のDVDドライブを採用しているI/Oデータ製の物としました。

DVR-UN18GS 後は型式です。価格.コムなどの情報サイトを参照し、まず候補となったのがDVR-UN18Eです。しかし、これはDVD-RAMが使えません。バックアップの事を考えると、やはりDVD-RAM対応の物の方が良いに決まっています。あれこれ考えた挙げ句、DVD-RAMに対応し、比較サイトでの評価もそこそこ良かったDVR-UN18GSを購入する事としました。

接続や初期設定も本当に超簡単で、DVDドライブ本体の電源を立ち上げて、USBケーブルをPCに接続するだけ。後は、附属のCDから必要なソフトをインストールしてあげればOK。無事DVDドライブの導入も完了です。ただ、既にPCにインストールしてあるライティングソフトをアンインストールしなくてはならないのが面倒かも・・・。

もちろん、これからはバックアップはHDDとDVDの二重で安心となりますが、それだけではありません。あんな事やこんな事も出来ると今から楽しみです。

ただ、PC周りがゴタゴタして、まるでICUに入っているチューブだらけの重症患者の様ですが、これも致し方なしと言ったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/17

猛暑が原因?・・・ネットが繋がらない (-.-;

このお盆期間中、全国で猛暑が続いています。岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市では40.9度の観測史上最高の気温を記録するなど、各地で連日40度を超え、昨日は潮来市でも38度を記録しました。本当に暑い。

現在は復旧しましたが、その為なのか、自宅のPCが超不調で、11日以降インターネットにアクセス出来ない状況が続いていました。原因ははっきりしませんが、どうやらADSLの関係か、または、猛暑によって電気の消費量が増加したのが原因だったのかもしれません。

そう言えば、ADSLを導入した当初、申し込み時に「基地局から自宅までの距離が遠いので、スピードが出ないか、最悪繋がらないこともあります」と言われていました。この猛暑が原因で電話線が伸び、基地局から自宅までの距離が伸びてしまったのかも。

まぁ、そんなマンガの様な事は無いとは思いますが、この猛暑が今回の件に何らかの因果関係を持っている事には違いないと思います。

仕方がないので、ずっと続けていた日記ではありますが、mixiもココログも「お盆休み」となってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/01

やっと外付けHDを購入しました

だいぶ前から思ってはいたのですが、ついつい先送りにして来たバックアップ体制。とりあえず、大切な画像ファイルやテキストなどはMOやメモリスティックで分散して保存していますが、当然万全と言うわけにはいきません。

しかし、デジカメの購入以来、画像ファイルもだいぶ貯まってきましたし、最近パソコンが起動しないと言う事も在ったばかり。もし今のパソコンが壊れてしまったら・・・などと考えた挙げ句、ようやく外付けHDを購入する踏ん切りが付きました。

HD-HS320U2 HDD冷却ファン
さっそく、地元のヤマダ電機鹿島店で品定め。容量に関しては500GBとだいぶ悩みましたが、結局そんなに必要ないだろうと言うことで、値段的にも手頃な320GBにしました。あとはメーカーですが、こちらはI/OデータとBUFFALOで悩みましたが、結局機能的な見地からBUFFALOに決定。HD-HS320U2を購入することにしました。

しかし、どうやら冷却の関係上、横置きはできない模様です。私のパソコン周りを考えると、どうしても横置きにしたいところです。そこで、強制的に空気を送るオプションのHDD冷却ファンも一緒に購入することにしました。これなら、最高3段まで横置きに出来るということですので、横置きもOKです。

ちなみに、HD-HS320U2が16,800円。HDD冷却ファンが1,980円でした。それにしても本当にHDが安くなった物です。最初に外付けHDの導入を考えたときには、10GB辺り1,000円はしていました。今ではその約半分と言うことになります。技術革新と価格破壊の早さには脱帽ですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/23

タブブラウザのメモリ使用量

タブブラウザの使いやすさは、一度使ってしまうと手放せないものです。MSIE7がタブブラウザになったのは、当然の進化だったと思います。

しかし、タブブラウザが選ばれる訳は、その使いやすさだけではありません。それは、複数のページを一度に開いたときのメモリ使用量がMSIEに比べて、圧倒的に少ないと言われていることです。

そこで、実際にはどうなのか、私のノートPCで調べて見ることにしました。調べる方法は、WinXPに附属しているタスクマネージャのパフォーマンスを使って、各ブラウザで同じページを開いたときに消費するコミットチャージを記録しました。

各ブラウザを使用した際のコミットチャージは下記の通りです。それぞれmixiのページのみを開いた時の値と、Niftyとmixiに私のホームページの3つを同時に開いた時と、その増加値です。

              mixi      Nifty+mixi+HP     増加値
MSIE6            327MB            353MB                26MB
Firefox        337MB         342MB                 5MB
unDonut        326MB         333MB                 7MB
Sleipnir2      337MB              344MB                 7MB

この数字を見るだけでも、複数のページを同時に開く場合は明らかにタグブラウザのメモリ使用料で優位なのが分かります。今のPCはメモリ容量も大きいので、この位は何の影響も無いかも知れませんが、やっぱり少ないに越したことはありません。

それにしても、unDountの数値が際だって素晴らしいですネ。MSIEのコアを使っているにも拘わらず、MSIEよりもメモリ使用量が少ないのには驚きです。

多機能のFirefoxやSleipnir2はさすがにメモリを使いますが、タブブラウザで複数のページを同時に開く時のメモリ増加値は、ほぼ横一線でした。当然、MSIEで複数のページを同時に開いたときのメモリ使用量はダントツですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/19

これぞ最強タブブラウザか?・・・Sleipnir2

私の中で突然降って沸いたタブブラウザ抗争。もともとMSIE7がとても実用に耐えられないブラウザだったことが原因で、タブブラウザについて興味が沸々と沸き揚がったのでした。

そこで、まず導入したのがFirefox。エンジンをIEを使わずにGeckoを使っているので、時々バランスの崩れてしまうページに出会う事もあります。また、ネット上のファイル等をダウンロードすると、ファイルの保存先がデスクトップに限定されてしまいます。しかし、印刷に関しては自動的にテキストが縮小されるため、すべての Web ページが実際の印刷ページに収まるのは嬉しい機能です。しかも、私の好きだったNetscapeからの派生と言うのも心をくすぐります。

次に注目したのがunDonut。エンジン自体はIEを使っているので、基本性能はMSIE6と同じですが、それ以上に軽いですし、ソフトを使用中でもメモリの消費量も少ないのがナイスです。しかし、エンジンにIEを使っているので仕方在りませんが、Web ページの印刷結果はMSIE6と同じで、はみ出た部分は途中でカットされてしまいます。また、中々更新されないのも、新しいもの好きな私にはちょっと・・・って感じです。もっとも、個人で開発提供されている事を思えば、それも致し方なしでしょうか。また、アイコンのドーナツがイマイチって感じがしてなりません。

FirefoxにunDonutと、どちらも従来のMSIE6に比べればとても使い易いタブブラウザですが、それなりに短所も存在します。更に「私を唸らせるタブブラウザは無いのか?」と探してみましたら、結構他にも色々なタブブラウザが存在するのに驚きました。

そんな中、特に私が気に入ったのが「Sleipnir2」でした。何しろ、自分好みに色々カスタマイズ出来るのが素晴らしい。Firefoxもカスタマイズ性が高いのですが、自分で拡張ツールを組み込む必要があり、かなりの知識がないと、自分好みのカスタマイズは難しい感じがします。

その点、Sleipnir2はノーマルで使っても使い切れないほどの高機能が満載。「あれば良いなぁ」と思う機能は粗方搭載済みです。更に拡張ツールを組み込むことも可能です。これはもう最強タブブラウザと言って良いと思います。

ただし、エンジンをIEとGeckoを切り替えて使えるのですが、Geckoはホームページの表示確認程度の役にしか立たない気がします。また、かなりメモリを使うので、メモリの少ないPCでは、他のソフトと同時起動は辛いこともあります。

どのタブブラウザも、ここまできたら本当に僅差しかありません。あとは自分の使い勝手に応じてカスタマイズしやすいかどうかでしょうか。そう言う点では、知識がある程度無いとカスタマイズし難いFirefoxよりもSleipnir2の方がお薦めかもしれません。やっぱり、その時々に合わせて、数種類のブラウザを使い分けると言うのが正解でしょうか。

なお、当然ですが、どのブラウザにも大なり小なりのバグが存在します。各ブラウザとも、それに対応した新バージョンを次々と提供しておりますので、それによっては今度は別のブラウザが「最強」になるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/04

会社のブラウザでタブしたい~!

unDonut
自宅PCのブラウザはFirefoxで決定、安定して運用していますが、会社PCはシステム上の問題からFirefox化することが出来ませんでした。しかし、一度覚えてしまったタブブラウザの使い勝手を、そう簡単に手放せる物ではありません。

そんな折り、マイミクでありCBR1000Fオーナーズクラブ「Welcome to せんえふ」のサイト管理者であるTaku.Minさんより、「unDonut 本当にお勧めですよ!」との情報をいただきました。そこで早速、『会社PC「nuDonut」化作戦』の開始です。

まずは、Taku.Minさんの教えていただいたミニット氏のサイト「タブブラウザ関係物置」へ直行。一応、最新版のrelease13 test10もありますが、ベータ版でもあり、今回は安定しているrelease12dにしました。ちなみに、非公式ではありますが、ニケ氏によるunDountサポートサイト「unDonut Navigator」もありますので、これも大変重宝しました。

なお、ダウンロードしたファイルは解凍後もプログラムファイルに登録されるのではなく、ダウンロードしたファイル内のままですので、私はこれをプログラムファイルへ手動で移動し、unDonut.exeのショートカットをデスクトップへ置いて運用することにしました。ちなみに、この特性を利用して、unDountのファイルをメモリーステック等で持ち歩けば、いつでもどこでもIE6の入っているPCで、自分好みに設定変更したnuDonutを利用することが出来ます。

さて、その使い勝手ですが、まさに軽快そのもの。最初に訪れるサイトは少し時間がかかりますが、二度目からはサクサクです。しかも、基本的にIE6のコアを使っているらしいので、会社のシステムにも影響なし。

セキュリティに多少の不安はありますが、IE6のセキュリティ対策をしていれば大丈夫・・・のはずです (^^;。また、IE6のコアを使っている都合上仕方ないのですが、ページをプリントすると、はみ出した分はカットされてしまいます。しかし、その他は全く問題なし。むしろFirefoxより快適かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)