« 2010年9月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/02/07

自宅PC復活♪

自宅PCをWinVISTAからWin7へVerUPしてから、突然画面がブラックアウトしてフリーズ、強制再起動と言う現象に悩まされてきました。

とりあえずの手段として、Win7を再インストールしてみましたが、結果はNG。買い換えの検討も始めました。しかし、このPCは2008年冬に購入したので、まだ2年ほどしか使っていません。しかも、当時奮発して購入したCE/B90だけに、何とも惜しい気がしてなりません。

ところが、運良く再起動が掛かった一瞬に表示されるエラーメッセージを確認する事が出来、それによると、どうやらビデオカードでエラーが出ているみたいです。なので、WinOSのVerUPによるエラーの事例や報告が無いか、富士通のホームページで確認しましたが、在りません。仮にあったとしても、当然ですがWin7へのVerUPによる現象だとすれば、サポート対象外です。

そこで、富士通で動作を確認しているビデオカードのBUFFALO製GX-84GS/E256の購入しようとしたところ、既に販売中止になっています。マザーボードとの相性もありますし、「10日以内なら使えなかったら使用後でも返品可能です」と言ってくれたPCデポで、外寸や消費電力を考慮し、NVIDIA製のGeForce210を購入しました。

Img_0829        左がGeForce210、右が元々取り付けてあったビデオカード。

取り付けは至って簡単。外装は取扱説明書に沿って取り外し、ビデオカードユニットから古いカードを取り外し、GeForce210を取り付けます。掛かった時間は約10分。意外にあっけなく終了。

早速電源を立ち上げると、何とこれがバッチリです。画面も今まで以上にハッキリクッキリよく見えます。当然、強制再起動などの不具合もありません。そればかりか、これまで立ち上げに時間が掛かっていたのが短縮されています。もしかしたらWinVISTAでの不具合も、ビデオカードが関係していたのかもしれません。

後は、新規VerUPにより失ったソフトの再インストールをするだけです。ネットからダウンロード出来るソフトがほとんどでしたので、これも問題なくクリア。ただ、Excel2007だけが、どうしてもパッケージが見つかりません。仕方がないので、とりあえず手元にあったExcel2003をインストールする事にし、後でExcel2010のアップグレード版を購入する事にし、これにて一件落着です。

と思っていたら、今度はプリンターでオペレータエラーが発生。どうやらヘッドを交換する必要がありそうです。しかし、現在はヘッド交換は修理扱い。価格も1万円位と、これは新品を購入した方が良さそうです。一難去ってまた一難です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年8月 »