« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/09/24

HMSに初挑戦!

先日の21日(日)、「ツインリンクもてぎ」で開催された『Hondaモーターサイクリストスクール』に初参加してきました。参加したコースは「初級」・・・。二輪免許を取得してから13年。相変わらずUターンが苦手なため、これを克服するのがスクール参加の目的です。

当日の参加者は全部で13名。Hornet250、CB400SF、CB750、CB1300SFの中から、自分に合ったバイクをレンタルできます。私は普段CBR1000Fに乗っている以上、もちろん今回はCB1300SFをチョイスです。CBR1000Fのオーナーの中でも、このCB1300SF(SB)に乗り換えられている方が多いので、以前から興味があり、今回は良いチャンスと言うわけです。

自宅から「ツインリンクもてぎ」までは約3時間。午前6時45分にテラノで出発です。本当は1000Fで行きたかったのですが、来週のツーリングのために、1000Fは点検に出してあります。それに、今日の天気予報では午後から雨。一日中バイクの講習を受けた挙げ句、雨に降られてバイクで帰ってくるのも辛いですので、今回はテラノで行くことにしました。

鈴木インストラクター
「ツインリンクもてぎ」には、予定より1時間早い、午前9時00分に到着。早めの受付を済ませ、指定された教室へ入ります。そして、定刻の午前10時00分。今回のインストラクターを努めてくださるお二人の先生の自己紹介のあと、オリエンテーション。本日のタイムスケジュールを含め、この講習会の趣旨などを聞きます。

今日の相棒達
その後、バイクの格納庫へ移動。ズラ~と並んだバイクの中から、自分に合ったバイクを選び、講習会の開始です。まずは「点検、体操、姿勢」の講習を行います。本日の相棒CB1300SFのブレーキ、タイヤ、燃料等の各所点検を行います。続いて体操。ストレッチを含め、体をほぐすための体操です。そして、姿勢。バイクに乗るときの運転姿勢について、その時々に適した運転姿勢を学習します。

講習中
続いて午前11時00分からは「ブレーキ」の講習。教習所で習うのは「決められた位置から出来るだけ短い距離で停まる」こと。しかし、本日の課題は「決められた位置からブレーキを一定に掛け、決められた位置に停車する」こと。これが意外に難しい。40km/hと60km/hの両方を数回ずつ行うのですが、つい、決められた場所より手前に停車していまいます。これも長年バイクに乗ってきた性なのでしょうか。

講習中
続いて午後12時00分からは「ターン」の講習。決められた速度でコースのコーナーに進入し、スムーズに抜けるという物。CB1300SFの太いトルクを活かしながら、コーナーを抜けて一気に加速。この辺りはとりあえず大丈夫でしょうか。

・・・と、ここでハタと気がつきます。そう言えば、肝心のUターンの練習をしていません。事前に渡されたタイムスケジュールによると、午後からはスラロームの練習が中心です。せっかくUターンの練習がしたくて参加した講習会。ここはインストラクターに確認しなくては。すると、本来Uターンの講習は入門編で行うのだとか。『そこを何とか・・・』とお願いしてみると、今回は特別に「8の字走行」と「Uターン」の二つのコースへ分かれて講習を受けられることになりました。もちろん、私はUターン講習を選択です。0km/h発進からのUターンの練習をする事が出来ました。しかし、時間的には十分とは言えず、完全習得とまでは行きませんでした。次回は是非、このUターンを完全習得したい物です。ここで午後1時00分から昼食タイム。

午後2時00分からの講習は「スラローム」。改めて考えてみると、教習所で体験して依頼、スラロームなど走ったことがありません。結果は予想通り。ヒラヒラとパイロンを越えていくCB400SFに比べ、何と不格好なことか・・・。しかも、パイロンを倒しまくりです。それでも、2時間も走り続けると、さすがに少しはスムーズに走れるように。しかし、それが今の私の限界です。

午後4時00分、全ての講習が終了し、バイクにガソリンを給油。もう一度教室に入って最後のまとめで、今日の『Hondaモーターサイクリストスクール』の終了です。終わり間際に降り始めた雨も、帰路に着く頃には本降り状態。朝と逆ルートで無事帰宅です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/09/10

『PROFILE SPIKE』を購入

私が今使っているヘルメットは、平成7年に中型免許を取得した時に購入した物ですから、既に購入から13年。気がつけば、自分のツーリングでの写真は全て同じヘルメットです。

ヘルメットの有効期限はSG規格に合わせて3年とか。つまり、すっかり賞味期限切れとなってしまっているわけです。しかも、平成14年7月に行った『清里トラブル続出ツーリング』ではヘルメットのチンガード部分のゴムを高速道路で紛失、見た目もちょっと可哀想です。

しかし、長年使用してきたヘルメットだけに、とっても愛着があり、おいそれとは買い換えできずにいました。しかも、今のヘルメットは50,000円前後と値段が高いのもが多く、これも買い換えが出来ずにいる要因の一つとなっています。

とは言え、自分の頭を守ってくれる大事なヘルメット。以前、昭栄の『SYNCROTEC』を知り合いに頂いたのですが、色が単色のディープシルバーの上、オープンフェイスで使わなければ問題無いのでしょうけど、KTELのマイクヘッドセットが取付不可となっています。

そこで、心機一転の気持ちも込めて、ヘルメットを新調することとしました。デザイン的には昭栄の物が良いのですが、やっぱりヘルメットはAraiの方が自分の頭には馴染みが良いようです。

まず最初の候補は『RX-7RR5 RANDY』。しかし、発売したばかりと言うこともあって、商品は品薄の上、値段も希望小売価格で63,000円。更には、新設計の『ディフューザーType10』が、私にとってはちょっと苦手な走り屋タイプのデザインに見えてしまいます。これはちょっと落選です。また、カラー的には『RAPIDE-SR STELLA(RED)』も捨てがたいのですが、例によってディフューザーが私には合いません。

次に考えたのが『VECTOR EWB』。値段も希望小売価格で42,000円と手頃ですし、ネットでは30,000円前後での購入も可能です。しかし、色が基本的に青が強い。自分的には赤が主体の色を所望しています。残念ですが、これも次点候補です。

spike
となると、現在発売中のAraiのヘルメットでは『PROFILE SPIKE』以外、自分の選択肢にはありません。希望小売価格は50,400円ですが、ネットだと37,300円で購入出来ます。ちょっと色が赤と言うよりオレンジって感じなのが気になりますが、全ての希望を満たす物を探す事は無理のようです。ネット上の使用インプレでも良い評価が多いようでしたので、これに決めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/04

テラノ・・・4度目の受難

昨日の夕方4時頃、事務所の女子職員が血相を変えて事務所の玄関に入って来るなり『車をぶつけちゃいましたsign03』と大騒ぎsweat01。しかも、何とその相手の車と言うのが私のテラノでしたshock

事務所と言っても、従業員5名と言う小さな事務所のため、駐車場もそれほど大きくありません。とは言え、各自が自動車を停める位置はいつも同じ。慣れた場所だからこそ生じた油断だったのでしょうか・・・coldsweats02

擦りむけた所
テラノの傷はと言うと、バックでぶつかったと言うこともあってか、幸いそれほど大きくはありませんでした。で囲んだ部分、フロントバイパーの擦り傷と、右フェンダーの一部が凹んでしまいました。

凹んだフェンダー
とりあえず、茨城日産に持ち込んで見積もりをしてもらったところ、修理代は約10万円。これに代車代がプラスとなりますので、今回は相手方の自動車保険を使うことになりました。もちろん、駐車中の私のテラノにぶつかったので、相手方の負担割合は100%です。

藪かき痕
でも、あまり大きな声では言えないのですが、本当のことを言うと、一昨年暮れに参加した『北茨城林道ツー』や、昨年参加した『八ヶ岳林道ツー』の時の擦り傷が、フロントバンパーに今も痛々しく残されていましたsweat01。つまり、今回はその傷も一緒に直ってしまうことになります。これにはちょっとラッキーな気分もしたりして、心境複雑です・・・coldsweats01

それにしても、これでテラノは4度目の災難ですwobbly。しかも、その内3回は駐車中にぶつけられると言う物。こんなに大きくて白いテラノなのに、本当に不思議ですweep

今回の傷も大したことが無くて良かったですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »