« やっと外付けHDを購入しました | トップページ | 何かの祟りか・・・ (-.-; »

2007/08/02

せっかく応援していたのに・・・朝青龍

白鵬が横綱になり、ようやく東西の横綱が揃って、また相撲も面白くなるなと思った矢先に起きた、今回の「仮病疑惑問題」。最近は積極的にメディアにも出てきて、以前より多少はイメージアップして来たところだっただけに、本当に残念です。

朝青龍、2場所出場停止…横綱に初の処分(読売新聞)

 体の故障で夏巡業の休場を申し出ながら、母国でサッカーに興じていた横綱朝青龍(26)(本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、ウランバートル出身、高砂部屋)について、日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、9月の秋場所と11月の九州場所の2場所出場停止処分を決め、減俸30%4か月、及び九州場所千秋楽までの謹慎処分を科した。

 師匠の高砂親方(元大関朝潮)も監督責任を問われて減俸30%4か月。横綱が本場所を出場停止となるのは初めてで、罰則規定を適用されたのも初。

 朝青龍は先月の名古屋場所で21度目の優勝を飾った後、故障を訴え、巡業部に「左ひじじん帯損傷と腰の疲労骨折などで全治6週間」とする診断書を添えて今月3日から東北、北海道などを回る夏巡業の休場を届け出た。休場届は承認されたが、承認前にモンゴルへ無断帰国し、元日本代表の中田英寿さんらとサッカーをしていたことが発覚。元気に走ったり、シュートする姿が日本のテレビで放映された。巡業部など協会内部には、北の湖理事長ら執行部に厳しい対応を求める声が上がっていた。

相撲で大切とされるのは「心技体」と言われるように、最も重要とされるのが『心』。懸賞金をもらうときに空に切るのも『心』と言う字です。いかに相撲が『心』を重んじているか。朝青龍には、そうした相撲道が軽んじられてしまっているようです。

となれば、結局私的には朝青龍に相撲道についての教育が出来なかった、高砂親方の責任が一番重い気がします。何故もっと相撲道について教育していなかったのか。全く文化の違う地に単身やって来て、その頂点に立った朝青龍ですが、まずは相撲道としての『心』の教育をしてもらいたかったです。

日本の国技でもある「相撲」。これを機会に、相撲界全体でもう一度全ての力士を対象に再教育をし、再び見ていて楽しい、強い相撲を復活してもらいたいものです。あの千代の富士(現在の九重親方)が現役だった頃の様に。

|

« やっと外付けHDを購入しました | トップページ | 何かの祟りか・・・ (-.-; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86953/15983699

この記事へのトラックバック一覧です: せっかく応援していたのに・・・朝青龍:

» 九州場所千秋楽 青龍 [気になるメモ]
今日は「九州場所千秋楽 青龍」が気になりました。 [続きを読む]

受信: 2007/08/02 18:48

« やっと外付けHDを購入しました | トップページ | 何かの祟りか・・・ (-.-; »