« 目覚めたばかりの『ニホンカブラハバチ』 | トップページ | 今日からテラノで『八ヶ岳ツー』です »

2007/06/15

腕時計復活!・・・炎症の原因は金属粉?

腕時計の裏蓋に刻まれたエンブレムが原因で腕に炎症が出来、腕時計を着用することが出来なくなっていましたが、先日CITIZENから送付されて来た洗浄液を使ってみたら、特に痒みも無くなり、良い具合のようです。

しかし、CITIZENから送付されてきた洗浄液の取扱説明書には

ご愛用の腕時計を末永くお使い頂くためには、日々のお手入れが大切です。汚れてしまった腕時計バンドは、『腕時計バンド用洗浄液』でスッキリと洗い上げ、いつも清潔な状態でご着用ください。

【注意!】
時計本体は洗わないでください。(防水時計であっても定期的なメンテナンスをしていない場合は、パッキンなどの劣化によって防水性が損なわれている場合があります)

とあります。と言うことは、裏蓋だけを液に付けるようにして洗浄するのでしょうか?。そこで、再びCITIZENに質問をしてみました。

その後送付していただいた洗浄液で洗浄してからは、特に異常も出ておりません。ありがとうございました。

ところで、いくつか疑問点がありますので、よろしくご指導くださいませ。
1.20気圧防水仕様なので、本体部分も洗ってしまって良いのでしょうか。
2.送付していただいた洗浄液は、どこで販売しているのでしょうか。また、価格はいくらなのでしょうか。
3.送付していただいた洗浄液の代わりに、例えばシェーバーの洗浄剤等を使って本体やバンド部を洗浄しても良いのでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

すると、早速CITIZENから回答が来ました。

お客様から落ち合わせ頂きました20気圧防水は容器の水につけて洗って頂いても構いません。注意事項は竜頭は押したまま又はネジロック状態で水道水を蛇口から直接かけないで下さい。2番目ですが洗浄液は販促品、試供品のためまだ販売はしておりませんので、今回もメ-ル便でお送り致します。洗浄液は油脂等を落としますので半年に1度程度で後は水洗いで十分に汚れ等が落ちますのでお試しください。

なるほど。まぁ、当然と言えば当然ですが、竜頭類の動作をしながらの洗浄はNGですネ。また、送っていただいた洗浄液「光っとけい」は、どうやら最近CITIZENが開発・発表したばかりで、まだ試供品の状態のようです。最後の「シェーバーの洗浄剤」については、さすがに触れてくれませんでした (^^;

とりあえず、今回はこの洗浄液のお陰で再び腕時計を装着する事が出来るようになりました。送付していただいた洗浄液を使って洗浄した後には、細かい金属粉の様な物がたくさん残っていました。たぶん、バンド等が使用と供に摩耗し、それが金属粉として時計本体やバンドに付着、これに皮膚が反応して痒みを引き起こし、炎症を起こしてしまったのでしょう。

何はともあれ、これにて『一件落着!』です (^-^)

|

« 目覚めたばかりの『ニホンカブラハバチ』 | トップページ | 今日からテラノで『八ヶ岳ツー』です »

コメント

ひとまず良かったですね(^^)

投稿: emi | 2007/06/15 13:57

emiさん>
どうもです[ミニハート]。本当、良かったです。
一時は「もう一つ腕時計を買わなきゃ」と思ってました。

投稿: 火魔神 | 2007/06/15 15:38

初めまして!

「光っとけい」について、
楽しく勉強させていただきました!
私もついさきほど「光っとけい」を知り、そのネーミングセンスに脱帽したものです。
こんなに詳しいレビューをお見掛けすることができ、幸運でした!

ありがとうございました!

それにしても遅まきながらですが、問題解決おめでとうございます^ ^

投稿: b42arcorion | 2008/01/21 18:43

b42arcorionさん>
はじめまして、こんにちは。

あれ以来時計に起因するトラブルは今のところありません。
しかし、再び今年の夏を迎える頃にはどうなっていることか・・・。
とりあえず『光っとけい』がまだ残っていますので、
またトラブったとしても大丈夫です (^^)

それにしても、何度聞いてもナイスネーミングですよネ (^^;

投稿: 火魔神 | 2008/01/24 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86953/15439849

この記事へのトラックバック一覧です: 腕時計復活!・・・炎症の原因は金属粉?:

« 目覚めたばかりの『ニホンカブラハバチ』 | トップページ | 今日からテラノで『八ヶ岳ツー』です »