« こちらを見つめる『ベニシジミ』 | トップページ | 今日はソフトボール大会・・・体中が痛い »

2007/06/09

何かを語りかけている様な『テントウムシ』

いつものフィールドから、少し北へ行ったところにある堤防で、「ケキツネノボタン」で朝を迎えた「テントウムシ」と出会いました。

その仕草がまるで「まだ朝が早いから、少し静かにしてくれない?」と言っている様でした。

何かを語りかけている様な『テントウムシ』


  • 撮影機材 : EOS20D+EF180mmF3.5マクロL+GITZO#392CL
  • 撮影モード : 絞り優先AE(Tv:1/200 Av:3.5)
  • 測光方式 : 部分測光(露出補正:+2 ISO感度:200)
  • 撮影場所 : 潮来市常陸利根川河川敷

画面の中央にくる「ケキツネノボタン」の明るい黄色い花の色に露出を合わせると、どうしても露出不足になってしまいます。そこで、+2の露出補正をしてみました。

それでも、写真によっては露出不足になるものもあり、こうした場面ではAEロックを使って露出を固定してあげるか、あるいはマニュアルに切り替えるのも一つの方法かもしれません。

|

« こちらを見つめる『ベニシジミ』 | トップページ | 今日はソフトボール大会・・・体中が痛い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86953/15366863

この記事へのトラックバック一覧です: 何かを語りかけている様な『テントウムシ』:

« こちらを見つめる『ベニシジミ』 | トップページ | 今日はソフトボール大会・・・体中が痛い »