« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

やっとテラノが帰ってきた~!

本日、予定通りテラノが帰ってきました (^o^)/
しかも、部品代工賃は全てタダ!

思い起こせば、昨年の12月4日に最初に茨城日産に駆け込んでから早3ヶ月。その間、幾度も直ったかに見えては再修理の繰り返し。結局原因は不明で、とうとう新しいエンジンに載せ替える事になってしまい、待ちに待って今日納車となりました。とは言え、しばらくは『要観察』態勢は続けなければなりませんけどネ (^^;

テラノ新エンジン さすがにエンジンは新しいとあって、幾分パワーが復活した気がします(と言ってもこの3ヶ月間、代車でキューブやノート、マーチ等の小型車ばかりに乗っていたので、ただそう感じるだけなのかも知れませんが・・・)。もちろん、エンジン周り以外は以前のまま、10万kmを走った部品ですので、その辺りのパワーバランスに注意が必要なのは確かです。

後は、基本的には自己点検が当たり前。当然と言えば当然ですが、これからはクーラント液の量などは自分で定期的に確認する様にしたいものです。また、新しいエンジンとは言っても、特に慣らしは必要ないらしく、3,000km程でオイルとオイルエレメントの交換のみやってくださいとの事でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/02/25

もうすぐテラノが帰ってくる!

『エンジンの載せ替えも無事に完了し、ラジエターやパイプ類も新しく取り替え、今はテスト走行中です。』

再び一週間が過ぎ、またまた茨城日産に様子を聞きに行ってみたところ、いよいよ全ての作業が無事に終わって、現在は工場長が自ら約200kmのテスト走行をしてくださっている最中とのこと。無事にテスト走行が終了すれば、2/28(水)には納車となるそうです。ちなみに、28日は大安です。

長かったですが、もうすぐです。もうすぐ私のテラノが帰ってきます (^^)/

テラノが帰ってきたら日帰り温泉にでも行ってきたいですネ。しばらくは仕事が忙しくて出かけられませんので、3月半ばになったら・・・と言うことになりそうですが。もっとも、自分でもテスト走行してみないと、ちょっと怖くて遠出はできませんので、そう言う意味でも3月半ばは良い頃かもしれません。

そうだ、暫く行っていないので、『関所の湯』にでも行ってみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/24

源泉掛け流し旅館が危機?

昨日のニュースで初めて知りましたが、何と日本の名湯の多くが、今存続の危機に瀕しているのだとか。詳しい内容については、下記のサイトをご覧ください。

環境省の行いたい取り締まりとは何でしょうか。日本の有史以来、人々に延々と愛され続けた『温泉』。その自然に湧き出ている温泉に、何故規制をしなくてはいけないのでしょうか。そもそも、自然に湧いているのですから、もし本当に対策が必要なのだとしたら、これこそ環境省が自ら対策をするべきで、数千万円も掛け、個々の旅館が対応することでは無い様に思います。もし、今回の件で多くの旅館が廃業に追い込まれた場合、結局、自然に噴出する温泉はそのまま放置する事になってしまいます。それとも、本当に対策が必要だとの理由で、また多くの税金が投入されるのでしょうか。

そもそも、環境を守るための環境省が、自然の一部として湧き出ている温泉を取り締まりの対象にする事自体解りません。それよりも、野山に不法投棄される粗大ゴミや、不法に搾取されている草木や砂利・砂などの問題、海難事故による海水の汚染など、他に取り組まなくてはならない課題は山積みのはずです。

しかも、今回の法改正の裏側には、諸外国からの圧力があったとか、一部の人間の利益のためなどとの情報もあります。もしそれが本当だとしたら、これは由々しき事態です。

高齢者社会やストレスが問題になっている現代において、温泉によってどれだけの人々が病を治し、ストレスから解放されていることでしょう。しかも、各地の温泉街は、同時に観光の名所でもあり、各自治体においても大切な収入源となっているはずです。まさに、温泉は『百利あって一害無し』です。

それにしても、こうした法改正が、自分達の知らないところで罷り通っているとは、本当に恐ろしい限りです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/20

再びの訃報に接し

ばなさんの訃報が届いてから2週間。一度はバイクを降りることも考えましたが、ばなさんの葬儀の際に、SRTT代表の内藤さんから「ばなさんのためにもバイクに乗り続けてあげてください」との弔辞に、『今まで以上に安全運転に心がけ、もう一度バイクに乗ってみよう』と思えるようになった矢先でした。

今度は同じ「With"F"」のメンバーのみーやさんの訃報の連絡がありました。再び自動車との接触事故によるもので、今度は1000F乗車中によるものでした。事故自体は昨年の5月だったとの事ですが・・・。

みーやさんとは、一昨年の全国区ツーリングでご一緒したのが最初で最後でした。しかし、たまたま同じ部屋での宿泊組となり、物静かでいながら、とても笑顔の素敵な、まさに『好青年』でした。

相次ぐメンバーの訃報に、今はただ本当に残念でなりません。
心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/15

エンジン載せ替えが難航・・・?

ラジエターも交換するとの報告を受けてから一週間。再び茨城日産に電話を入れてみました。予定では明日納車の予定だったので・・・。

しかし、結論的には明日の納車は不可能との事。どうやらエンジンの裏側のパイプ類のサビが凄く、このパイプ類も新品に交換する事になったのだそうです。う~ん、どんどんエンジン周りが新品になっていきます (^^;

しかし、本当に無償でやってくれるのか、ちょっと心配になってきたので、担当者に「後でドカ~ンと請求が来るんじゃないの?」と、それとなく聞いてみましたら「大丈夫です。今回のような事は普通は無いのですが、きちんと本社と打ち合わせしてありますので、無償でやらせていただきます」との回答でした。茨城日産潮来営業所のサービス担当者の心意気と言ったところでしょうか。

何はともあれ、今回は徹底的に修理してもらい、充分納得が行くまでチェックしてもらってから納車してもらうことにします。今の代車『ノート』とは、もうしばらく付き合う事になりそうです (^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/02/10

ばなさんの葬儀に参列して

昨日、ばなさんの葬儀に参列してきました。「With"F"」のメンバーも、遠くは三重や新潟などから来てくださった方など、総勢9名の方が、ばなさんとの最後のお別れをさせていただきました。

葬儀に参列した方々は皆、一応に口にしていたのが『何故?』。ばなさんの技術や安全運転に対する姿勢から、事故に遭遇するなどと言う事はあり得ない事のはずでした。しかし、現実は起こってしまったのです。

新聞報道から、軽乗用車が都道に出た所でばなさんのバイクと接触した様ですが、その時、ばなさんが乗っていたのは120ccのスクーターだった様です。つまり、もし普通のバイク、例えばCBR1000Fだったらどうだったでしょうか。相手が軽乗用車だったこともあり、あるいは軽い怪我で済んでいたかもしれません。『・・・たら、・・・れば』の話ですが、そう考えると残念でなりません。

ばなさんには1歳9ヶ月になる娘さんがいらっしゃいます。きっと、彼女には自分の父親の身に起きたことは理解できていないと思います。ばなさんの遺影を指さしながら『パパ!』と叫んだ声が今でも頭から離れません。本当に悲しい悲しいお葬式でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/06

突然の訃報に接し・・・

「With"F"」から届いた一通のメール。題名は『訃報』。それは、CBR1000Fのオーナーズクラブ「With"F"」の発足以来のメンバーの一人、ばなさんの訃報を知らせる物でした。

彼はSRTTのメンバーでもあり、そこでは指導員の立場にありました。彼自身、サイト「バイクに乗ろう」を管理されており、多くのライダー達のための情報発信と技術向上にご尽力されていました。当然、その技量は「With"F"」の中でもトップレベルでした。それなのに・・・。

== 産経新聞記事より == ※記事は氏名の部分を編集しています
「日野で交通事故、バイクの男性死亡」
3日午後6時20分ごろ、日野市程久保の都道で、埼玉県蕨市中央、会社員、ばなさん(36)のバイクが、脇道から都道に出てきた軽乗用車と衝突した。バイクは転倒し、ばなさんは腹などを強く打って間もなく死亡した。車の運転手が左右をよく確認しなかったのが事故原因として、日野署は業務上過失傷害の現行犯で、日野市程久保、しんきゅう師、A容疑者(51)を逮捕。容疑を業務上過失致死に切り替えて調べている。(2007/02/05 04:10)

彼に初めてお会いしたのは、私が初めて「With"F"」のツーリングに参加した『日光日帰りツーリング』の時でした。大きな体で、とっても素敵な笑顔の彼は、集合場所に到着するにはしましたが、途中でお財布を落としてしまい、そのままUターンされてしまいました。初めてのツーリングだったこともあってか、とても印象深い出来事でした。

それからは、幾度となく開催されたツーリングに一緒に参加し、同じ道を走り、同じ風を感じ、一泊ツーリングでは供に酒を酌み交わし、夜が更けるまで語り合った仲でした。いえ、私達二人が特別だったと言うわけではありません。彼は誰からも好かれた方でした。恐らく、ツーリングに参加された誰もが、同じ思い出をお持ちだと思います。

また、彼は写真も撮られており、私のホームページのトップを飾る写真は、まさに彼に撮影していただいた物です。今の様なデジカメが主流の時代ではありませんでしたので、写真はフィルム撮影でした。しかし、「自分のホームページのトップを飾る写真にしたい」と言う私のワガママに対して、とても快くフィルムを貸してくださりました。そんな優しく、みんなから好かれていた彼が何故・・・?

交通事故。つい先日、タレントの風見しんごさんの愛娘えみるさん(10)の訃報に、全国の人達が注目し、ハンドルを握るドライバーの方々が心を改めたばかりのはずでした。もちろん、ハンドルを握るドライバーである以上、誰もが事故に直面する危険性を持ち合わせている事ではあります。しかし、「何故彼の身に」と思うと、とても悔しくて悔しくて、そして哀しくてなりません。

思い出尽きないばなさんですが、今はただ、心より彼のご冥福を祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/05

ラジエターも交換に・・・

エンジンの載せ替えと言う結論に達してから早一週間。茨城日産からは何の音沙汰も無いので、再びこちらから出向いてみることにしました。

早速担当のサービスに状況を聞いてみると、「予備修理と言うことで、ラジエターも一式交換することになりました。エンジンは届いているのですが、ラジエターがまだなので、届き次第一気に作業をさせてもらいます。今度は少し長期間様子を見て、きちんと確認次第納品させていただきます」とのこと。つまり、実質的にはまだ何もしていないことのようです。と言うことは、当初の説明では『10日~二週間』と言っていた修理期間が、更に『10日~二週間』延びたと言うことなのです・・・。

昨日で最初に茨城日産に持ち込んでからちょうど2ヶ月。今更少し納車が延びても、きちんとした修理整備をしてもらえるのなら・・・と納得するしかないのでしょうネ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »