« ハッ!とした瞬間の『ヤブキリ』の幼虫 | トップページ | こちらを覗き込む『ヒメハナバチ』 »

2006/09/06

萎んだ花を見つめる『キタヒメヒラタアブ』

昨日まで咲いていた『ヒロハホウキギク』の花が、今朝はもう萎んでしまっています。それを寂しそうに『キタヒメヒラタアブ』が見つめていました。

キタヒメヒラタアブ


  • 撮影機材 : EOS20D+EF180mmF3.5マクロL+GITZO#392CL
  • 撮影モード : 絞り優先AE(Tv:1/200 Av:3.5)
  • 測光方式 : 部分測光(露出補正:+1/3 ISO感度:200)
  • 撮影場所 : 潮来市常陸利根川河川敷

本来ならば萎んだ花を画面に取り込むのはタブーなのですが、『キタヒメヒラタアブ』を単独で撮影してもつまらなかったので、今回はあえて入れてみました。これにより、写真に動きとストーリーが出来たように思います。

人気blogRanking

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« ハッ!とした瞬間の『ヤブキリ』の幼虫 | トップページ | こちらを覗き込む『ヒメハナバチ』 »

コメント

[♪]
こんばんは。TBPから参りました。

おりょ?タブーなのですか?
萎んでも花!主人公のヒラタアブの表情までも感じられそうですよ。
うっすらと見えるクモの糸も、文字通り両者をつなぐ良い脇役ですね(^o^)

また遊びに来ますー。

投稿: サイキチ | 2006/09/06 22:36

サンキチさん、こんにちは[ひらめき]
この度はご訪問いただき、ありがとうございました。

実は、この近くに咲いている花もあったのですが、
このヒラタアブは、よほどこの花に未練[?]があったのか、
何度も何度も同じ場所に止まっては、
萎んだ花を寂しそうに見つめているように見えました。

そうですネ・・・。一応写真に入れるとすれば、
今回の様に特別ストーリーがある場合以外は、
意識して萎んだ花は画面から排除しています。
出来れば綺麗に咲いた花の方が絵になりますし[汗]

投稿: 火魔神 | 2006/09/07 09:33

いつも感心して見せてもらってますが、望遠マクロの関係か背景が良くボケていますね。
おっしゃるとおり左の花があるからこそアブが活きてくるのではないでしょうか。ポチポチ

投稿: the-fuji | 2006/09/07 20:57

いつもありがとうこざいます[♪]
180mmマクロをEOS20Dで使用すると言うことは、
レンズの画角が1.6倍ですから288mm相当になります。
よって、風の影響をとっても受けやすい事になるのです[汗]

これとは別に、100mmマクロもあるのですが、
品のある写り具合やボケ味などを考えると、
やっぱり180mmマクロを使うことの方が多いですネ[ひらめき]

投稿: 火魔神 | 2006/09/08 11:10

火魔神さん、TBありがとうございました。
キタヒメヒラタアブがとてもかわいく写っていますね。私はいつも小さなデジカメを持って写しているのですが、時々もっと性能のいいカメラで写したくなります。また、よろしくお願いします。

投稿: しら | 2006/09/19 13:24

しらさん>
こちらこそ、TB有り難うございました[♪]
私が写真を始めた切っ掛けが『ネイチャーフォト』だった事もあり、
高校入学と同時に一眼レフ(Canon A-1)を買いました。
でも、レンズは50mmと70-210mmの2本だけでした[がーん]
あれから28年、まだまだ勉強する事が山盛りです[汗]

こちらこそ、よろしくお願いします。
また可愛い写真が撮れたらTBしてください。
お待ちしています[ミニハート]

投稿: 火魔神 | 2006/09/19 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86953/11783550

この記事へのトラックバック一覧です: 萎んだ花を見つめる『キタヒメヒラタアブ』:

» キタヒメヒラタアブ。(9/14*木) [しらの風景]
今週はずっと午前中、デザイン専門学校の集中講義です。 午後からも今日は地元の高校の環境授業の担当の日でした。 テーマは森、野鳥との出会いの話から森の現状までを ワークショップ形式も取り入れて高校生用に組み立てています。 高校の駐車場に着くと、 細い花壇にコスモスが一列に植えられていました。 秋の風景だなぁ!と思い濃いピンクのコスモスを写そうとすると コスモスの花の蜜を吸いに一匹のアブが飛んで来ました。 �... [続きを読む]

受信: 2006/09/14 23:42

« ハッ!とした瞬間の『ヤブキリ』の幼虫 | トップページ | こちらを覗き込む『ヒメハナバチ』 »