« ヤマトシジミ | トップページ | キリギリス »

2006/08/31

何とも不可思議な生き物に遭遇!

いつもの様に、カメラ片手にフィールドへ出かけると、『エノコログサ』(別名:ネコジャラシ)の上で何とも不可思議な生き物に遭遇しました。

不可思議な生き物


  • 撮影機材 : EOS20D+EF180mmF3.5マクロL+GITZO#392CL
  • 撮影モード : 絞り優先AE(Tv:1/500 Av:3.5)
  • 測光方式 : 部分測光(露出補正:+1/3 ISO感度:200)
  • 撮影場所 : 潮来市常陸利根川河川敷

最初それは「クモの抜け殻?」かとも思いましたが、よく見ると触覚が微かに動いています。しかも、片側3本ずつの足があるところから、恐らく昆虫なのだろうとは思います。

長い後ろ足を上にして逆さまに止まっているこの生き物の体の表面は凸凹していて、まるで「タカアシガニ」の様。しかも、その体は白く、体と足の長さが超アンバランスです。

写真に納めてから急いで帰宅し、色々な昆虫図鑑で確認しましたが正体不明。ネットで調べても皆目検討がつきません。本当に、世の中不可思議な生き物がいるものです。

【追記】 2006.09.02
いつもお世話になっている「昆虫エクスプローラ」のaakawabe園長さんにお聞きしたところ、「ツユムシやササキリなど、小型のキリギリスの仲間の脱皮殻ではないかと思います。」との事でした。撮影中に足や触角が動いた気がしたので、「これは生きているに違いない!」と思っていたのですが、きっと風に吹かれて動いただけだったのですネ・・・。お騒がせいたしました m(_ _)m

人気blogRanking

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« ヤマトシジミ | トップページ | キリギリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86953/11686386

この記事へのトラックバック一覧です: 何とも不可思議な生き物に遭遇!:

« ヤマトシジミ | トップページ | キリギリス »