« オドリコソウ | トップページ | てんとうむし »

2006/05/10

霧雨の中のアブラムシ

今朝の霧雨の中、羽を広げた「アブラムシ」が一匹いました。

060510__8


  • 撮影機材 : EOS20D+EF100mmF2.8マクロUSM+GITZO#392CL
  • 撮影モード : 絞り優先AE(Tv:1/100 Av:2.8)
  • 測光方式 : 部分測光(露出補正:+2/3 ISO感度:200)
  • 撮影場所 : 潮来市常陸利根川河川敷

「アブラムシ」自体、体長2mm程度のかなり小さな昆虫ですし、結構嫌われ者の仲間ですが、こうしてアップで見ると「カワイイ~」と思うから不思議です・・・。

微妙に触覚や前足に水滴が付着しているのが解ります。雨だからこそ見られる風景です。

Best

|

« オドリコソウ | トップページ | てんとうむし »

コメント

すごいですね、
よくこんな瞬間を撮れますね
私はてんとう虫がやっとでした。
「ちいさな世界」けっこう好きです。

投稿: にんにくや「かど」 | 2006/05/10 23:30

「ちいさな世界」は、一度足を踏み入れると病み付きになりますよネ[汗]
普段見慣れない虫達の仕草や表情、草花の情景など、
ファインダー越しに見るマクロの世界は感動ものです[ひらめき]

今朝撮影したのは、私も「ナミテントウ」でした[♪]
ちょっと風があったので、何枚も撮りませんでしたが・・・[ドクロ]

投稿: 火魔神 | 2006/05/11 12:04

非常に繊細な写真ですね。吹けば壊れてしまいそうな世界。
そんな世界を撮るのも楽しそうですね。
20Dに100mmマクロなので、150mmマクロぐらいになるのかな。
すごい小さい物まで撮れるんですね!

投稿: tom | 2006/05/12 07:35

tomさん>
そうですネ、約1.6倍ですから160mm相当になります。
もともとEOS-1では180mmをメインで使っていたので、
160mm相当でもあまり違和感なく使えるようです。
ただ、EOS20DでMFのピント合わせはちょっと難しい様な・・・。
これはファイダーの関係だと思いますが、
この辺りはEOS30Dできっちり修正しているみたいです。
ちなみに、100mmも180mmも等倍撮影が可能です。
もちろん、写真は全てノートリミングで掲載しています。

投稿: 火魔神 | 2006/05/12 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86953/10004892

この記事へのトラックバック一覧です: 霧雨の中のアブラムシ:

» 今日の1枚 [にんにくと巣鴨で再出発!!]
(写真の上でクリックして見てね!) 今日の1枚 勇気を持って蜂?に近づいて撮っ [続きを読む]

受信: 2006/05/12 19:45

« オドリコソウ | トップページ | てんとうむし »