« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/30

ココログのメンテナンスでヤラレた~ (+.+)

カレンダーの色指定と写真のランダム表示のスクリプトが動作しません。

3月28日に実施された「ココログのメンテナンス」。これまでのメンテナンスとは違い、今回は大きくバージョンアップされました。

ココログの3月20日の記事によりますと、変更となった内容は下記の通りです。

・トラックバック/コメント管理機能を強化
・ポッドキャスティング機能を追加
・画像/ファイルアップロードにディレクトリ指定を不可とする
・ 「ココログのロゴ」箇所にログインボタンやココログのお知らせなどを表示
・デザイン・カスタマイズメニューを変更
・MP3プレイヤーの表示設定を新しく追加

この中でも、特に私が注目したのが「デザイン・カスタマイズメニューの変更」です。これにより、これまでは裏技で行っていた「手書きのCSS追加」が、堂々と出来るようになりました。しかも、標準でCSSが追加できるため、コメントを書く>確認の画面でも、トップページと同じ表示がされる様になったのです。

しかし反面、「ブログのサブタイトル」に記述していたスプリクトが作動しなくなってしまいました。そのため、

  • 右サイドに表示してあるカレンダーの色指定が無効になってしまった。
  • プロフィールの写真をランダム表示させることが出来なくなってしまった。

『これはバグなのか・・・?』と思っていましたが、一向に改善される様子もなく、結局は仕様の変更によるものの様です。もうしばらく様子を見て、改めて対策を立てることとします。

それにしても、メンテナンス後でアクセスが集中しているらしく、負荷が高くなっており、つながらなかったり、ページへの反映が出来ない状態が続いているのには辟易してきました (-.-;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/27

携帯でスケジュール管理

MI-E21もう、随分長い間、私のスケジュール管理は「電子手帳」がしてくれていました。そして、現在は3代目となる「Zaurus MI-E21」が活躍中です。使い勝手も良いですし、性能も申し分在りません。

しかし、最初の頃こそ、音楽や通信などの機能も使っていましたが、最近では専らスケジュール管理のみを利用するだけの状態が続いています。つまり、電子手帳としての性能を充分に発揮できていない訳です。しかも、いつも電子手帳を持ち歩いているとは限りません。

『携帯でスケジュール管理出来ないか』と言うのも、そうした中から生まれた極自然な発想でした。携帯ならいつでも肌身離さず持ち歩いていますし、携帯でスケジュール管理出来たら、きっと便利に違い在りません。

しかし、もともと内蔵されている携帯のスケジュール管理機能は、決して使い易いとは言い難い物(ちなみに、私の携帯はドコモFOMA P900iです)。当然の話ですが、ザウルスに比べるとかなり見劣りしてしまいます。そこで、出来るだけPDAのインターフェイスに似ている「iアプリ」のソフトを探してみることとします。

060328で、探していましたら、  白鳥 尚志さんのサイトで紹介されていたオレカレジェイピーさんの「orecale」を発見。これは素晴らしい。左上にカレンダー、右上にタイムスケールバー、下に予定内容を一覧表示していますので、空き時間など一目瞭然で確認できます。

当然ですが、携帯ですから片手でスケジュールの入力が可能です。しかも、見た目もザウルスのスケジュール管理画面にソックリです。これなら、携帯だけを片手に出かけていっても、いつでもどこでもスケジュール管理が可能です。

ただ、欠点は
 ①文字が小さくて見づらい。
 ②携帯を操作していると、遊んでいる様に見られる。
と言ったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

春を見つけて

家の畑に「菜の花」が咲いていました。本当なら『バイクでお出かけ』と行きたかったのですが、お彼岸の中日ですし、風は強いしで、結局ダメ・・・。

そこで、カメラを持って家の周りをウロウロしていましたら、「菜の花」が咲いていたので、写真に納めることに。ちなみに、家の「菜の花」は青梗菜です。

060321_2


  • 撮影機材 : EOS20D+EF100mmF2.8マクロUSM+GITZO#392CL
  • 撮影モード : プログラムAE(Tv:1/500 Av:7.1)
  • 測光方式 : 評価測光(露出補正:+1 ISO感度:400)
  • 撮影場所 : 潮来市常陸利根川河川敷

この後、お昼の食卓に、青梗菜の浸し物が一品として並んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/12

『梅の花』が満開です♪

050309_5_1


  • 撮影機材 : IXY DIGITAL 700
  • 撮影モード : オート(Tv:1/320 Av:7.1)
  • 測光方式 : 評価測光(露出補正:0 ISO感度:オート)
  • 撮影場所 : 神栖市息栖神社

050309_6先日、隣町にある『息栖神社』の前を通りかかったら、ちょうど『梅の花』が満開でした。ちょっと急いでいたので、あまり時間はありませんでしたが、「IXY700」で『パチリ!』と写真撮影してきました。

自宅の梅はまだ二分咲き程度だと言うのに、わずか数キロ離れた梅の木が満開と言うのも不思議なものです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/03/06

トラックバックポリシーを表示しよう

いつもの様にKOROPYYの本棚さんのサイトへ遊びに行っていますと、『個別記事にトラックバックの注意書きを明記』と言う記事に目がとまりました。いつもの如く「あっ、これ自分のブログにもあったら良いなぁ」と思い、早速取付にチャレンジです。

そこでまず、自分のサイトのトラックバックポリシーについて考える事に。KOROPYの本棚さんの『「KOROPPYの本棚」のトラックバック・ポリシー』と言う記事や、そこで紹介されている、【絵文禄ことのは】さんの「トラックバック・ポリシーを作ろう。ルールやマナーに悩む人のための作成ガイド」を参考とします。

私のサイトは、基本的にはトラックバックフリーのスタンスです。しかし、自分の記事とはまったく無関係な記事からのトラックバックは、やはり歓迎は出来ないものです。この辺りを踏まえ、文面は『このサイトへのトラックバックは原則フリーですが、内容に関連性がない記事などからのトラックバックは、削除させていただく場合もありますので、ご了承ください。なお、重複トラックバックはこちらで削除しますので、削除依頼は必要ありません。』とする事にします。

KOROPYの本棚さんのページで紹介されているスクリプトをコピー、文面を変更して、右サイトにある「マイリスト」の中に貼り付けます。

<script type="text/javascript">
<!--
var notes = 'このサイトへのトラックバックは原則フリーですが、内容に関連性がない記事などからのトラックバックは、削除させていただく場合もありますので、ご了承ください。なお、重複トラックバックはこちらで削除しますので、削除依頼は必要ありません。';
function AddNotesOnTrackbacking(html) {
var ref = _getRefNode();
if (!ref) return;
var div = document.createElement('div');
div.id = 'notes-on-trackbacking';
ref.parentNode.insertBefore(div, ref);
div.innerHTML = html;

function _getRefNode() { // for Typepad
var n = document.getElementById("trackback")
if (!n) return null;
n = n.parentNode; // h2
while (n) {
if (n.nodeType==1 && n.className && n.className=="trackback-list-head") {
return n;
}
n = n.nextSibling;
}
return null;
}
}
AddNotesOnTrackbacking(notes);
//-->
</script>

次いで、スタイルシートの記述を、同じくKOROPYの本棚さんのサイトよりコピーします。自分のサイトに合わせて、「dotted」(点線)を「solid」(実線)へ変更し、線の色を「#D2D2E8」へ変更。また、文字サイズの指定を、ホームページの作成でも使っている「px」とし、これをスタイルシートへ追加、ファイルをアップして完成です。

/* トラックバックポリシー */
#notes-on-trackbacking {
margin: 10px;
border: solid 1px #D2D2E8;
padding: 5px;
line-height:17px;
color: #697497;
font-size: 12px;
}

せっかく付けていただいたトラックバックですが、過去に削除を余儀なくされたトラックバックが何件かありました。しかし、きちんと自分のサイトのスタンスを表明していない以上、たとえそれが自分の記事とは無関係のコメントであったとしても、削除するのは難しいものです。ですが、今後はある程度の指針が出来たことで、それらのトラックバックの対処が出来るようになりました。

とは言え、基本的には『トラックバックフリー』と言うスタンスを堂々と表明し、削除などという最終手段を使わなくても済むようなネット環境になってくれることを望むばかりです。

最後に、いつも素晴らしい改良を発掘・公開されているKOROPYの本棚さんに、改めて感謝です m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/04

コメント確認でサブメニューが表示されない?

せっかく取り付けたサブメニューですが、「コメントを書く」→「確認」と進んで、コメントの確認の画面になると、サブメニューが表示されていません。色々と試行錯誤したのですが、どうしてもダメ・・・。

そこで、『ここは初心に帰って』と言うことで、もう一度KOROPYYの本棚さんの「メニューを付けてみました」の記述を読み返します。でも・・・やっぱり解らない。

『やっぱりCSSの設定か、基本のテンプレートが違うからなのかナァ?』と思っていたら『あっ!』気がつきました。よくよく見ると、イメージファイルのアップ先が、ブログのファイルエリアでは無く、ホームページのファイルエリアではありませんか。

そこで、さっそく画像ファイルをアップし、ソースの中の記述も、例えば

IMG src="/img/button/bt30-p.gif"

とあるところを

IMG src=http://homepage1.nifty.com/himazin/blog/bt30-p.gif

と変更して更新してみたら、『ヤッタ~!』 ちゃんと表示されているではありませんか。思い込みとはいえ、私の単純な勘違いでした (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/03

コメント記入欄に設定を表示しよう

いつもお世話になっているKOROPYYの本棚さんのページで紹介されていた「ココログでコメント欄の設定を表示するスクリプト」を、自分のページにも導入する事としました。

訪問者がコメントを記入する際、どの項目の記入が必須で、どれが省略できるのか。また、コメント欄ではどんなタグが許可されているのか・・・などの記述がありません。

そこで、「コメントを書く」の空きスペースを利用し、ここにコメント欄の設定を表示しようと言うスクリプトが、facet-diversさまの「コメント欄の設定を明示する」です。

KOROPYYの本棚さんの下記のスプリクトを、コピー&ペーストで、右サイドバーに表示設定しているマイリストのメモ欄に貼り付けます。

<script type="text/javascript"><!--
function commentNotice(html){
var ref = getRefNode4ComNotice();
if (!ref) return;
var div = document.createElement('div');
ref.parentNode.insertBefore(div,ref);
div.innerHTML = html;
}
function getRefNode4ComNotice() {
var n = document.getElementById("comment-separator")
if (n) n.style.marginBottom="-2em";
return n;
}
commentNotice('<div id="notes-on-comment"><p class="for-data">←「URL」を記入せずに「メールアドレス」のみを記入すると、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。</p><p class="for-text-field">↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、コメント本文にタグを挿入できます。</p></div>');
//-->
</script>

続いて、こちらもコピー&ペーストでスタイルシートに下記の記述を追加します。

/* コメント欄設定表示 */
#notes-on-comment {
margin-left: 205px;
}

#notes-on-comment p {
margin: 0;
border: solid 1px #D2D2E8;
padding: 5px;
line-height: 15px;
color: #697497;
font-size: 12px;
}

#notes-on-comment p.for-data {
margin-bottom: 0.5em;
}

これで、「コメントを下記」の空きスペースに、見事コメント欄の設定が表示されました。

しかし、いつもながらに感じることは、先陣の方々が試行錯誤の末に手に入れた、素晴らしい改良の数々を、意図も容易く手に入れてしまっている私って・・・ (^^ゞ

【2006.03.11 追記】
せっかく設置した「コメント記入欄の設定表示」ですが、本元の「KOROPPYの本棚」さんと酷似しすぎている・・・という反省から、表示や文章を変更してみました。これで少しは違った雰囲気になったでしょうか (^^ゞ

<script type="text/javascript"><!--
function commentNotice(html){
var ref = getRefNode4ComNotice();
if (!ref) return;
var div = document.createElement('div');
ref.parentNode.insertBefore(div,ref);
div.innerHTML = html;
}
function getRefNode4ComNotice() {
var n = document.getElementById("comment-separator")
if (n) n.style.marginBottom="-2em";
return n;
}
commentNotice('<div id="notes-on-comment"><p class="for-data">・記事に関連のないコメントは、掲示板の<A href="http://hpcgi1.nifty.com/himazin/lounge/yybbs.cgi">「Lounge」</A>や<A href="http://hpcgi1.nifty.com/himazin/notice/joyful.cgi">「Notice」</A>をご利用ください。<BR>・「URL」を記入せずに「メールアドレス」のみを記入すると、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。<BR>・コメント本文では<A href="http://himazin.tea-nifty.com/blog/2006/03/post_1cef.html" target="_blank">こちらのタグ</A>が使用できます。下の絵文字をクリックすると、コメント本文に絵文字のタグが挿入されます。</p></div>');
//-->
</script>

更に、記事に関係ないコメントの書き込みを、掲示板へ誘導するための一文も追加しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コメントで使用できるタグは

コメントで使用できるHTMLタグは、次のとおりです。

・リンク <a href=""> </a>
・ボールド <b> </b>
・イタリック <i> </i>
・改行 <br />
・最強調 <strong> </strong>
・強調 <em> </em>
・リスト <ul type="disc">
     <li> </li>
     </ul>
  ※「disc」のほか「square」「circle」や番号つきリストもご利用いただけます。
・段落 <p> </p>
・番号付きリスト <ol> </ol>
・引用 <blockquote> </blockquote>
・整形済みテキスト <pre> </pre>

ココログヘルプの下記記事より引用しました。
   ・ コメントでHTMLタグを使えるようにするには?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »