« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/27

これで『バッテリー』も安心だ~!

頻繁にバイクに乗ると言うことの出来ない私は、ツーリングの前日には決まって「明日エンジン掛かるかなぁ~?」と不安になっていました。

そんな私に、「火魔神さんは『OptiMate』って言うバッテリーメンテナーが在るの知ってます?」と、知り合いに紹介されたのがこれです。

060226_10060226_14
箱書きには、

オプティメート全自動バッテリーメンテナー充電器は
バッテリーの管理人
愛車のバッテリーをがっちりガード!

バッテリーを常に監視して必要なときだけ自動充電。
あなたの愛車をいつでもスグに乗り出せる状態に保ちます。

とあります。もし本当なら、これは便利に違いありません。
また、メンテナンスのプログラムとして下記の5つが記載されています。

[ 5ステップ自動プログラム ]

1.バッテリー診断
オプティメート本体とバッテリーを繋げると全自動でここの状態を診断、最適な電圧にて充電を開始します。

2.回復充電
上記1.の診断にてバッテリーのサルフェーション化が認められる場合のみ、最大20Vまで昇圧、バッテリー内部の極板に付着した硫酸鉛を溶解し電流を通りやすくします。

3.通常充電
電圧が低下したバッテリーを0.6Aの定電流で負担を掛けず、優しく13.6Vまで充電します。

4.充電完了チェック
オプティメートは、メンテナンスモードに移行する前に本当に充電か完了か再チェックします。更に充電か必要な場合は3.へ戻り、再充電を試みます。

5.バッテリー電圧維持チェック
オプティメート本体とバッテリーとの接続をきるまでフロート充電によりバッテリー電圧を13.6Vを維持します。30分に一度電圧チェックを行い規定以上の電圧低下が見られる場合、赤LEDのバッテリー用交換点灯しユーザーに注意を促しますが、オプティメートはバッテリーとの接続が切られるまで13.6Vを維持します。電圧低下等、異常が見られない場合は緑LEDが点灯し続けます。

「OptiMate」はベルギーに本社を置く電子機器製造メーカー「テックメイト社」が開発した、バッテリーをトータルに管理するアイテムで、ブレーカーも全自動だから、ずっと繋げっぱなしで手間要らずです。さらに、従来は高価な充電器にしか設定の無かった「サルフェーション回復機能」を装備。放電状態で放置されていたバッテリーは、極板に白い硫酸塩が固着し、充電しても比重が上がらない「サルフェーション現象」が起こりますが、このバッテリーメンテナーは自動的に状況を判断し、20Vの電圧をかけて硫酸塩を溶かし正常充電できるように回復できるのです。

060226_1060226_7 
接続はいたって簡単。ただ、付属の「車両用ケーブル」を1000Fのバッテリーに繋げ、キャップ付きのカプラーに本体のコードに繋げるだけ。早速、1000Fと本体を繋げると、「3.通常充電」のLEDが点灯。つまり、「サルフェーション化」は認められなかったと言うことになります。

060226_16060226_18060226_21
さて、しかし、この「OptiMate」を利用するのには大きな問題がありました。実は、私のバイク小屋には電源が来ていなかったのです。そこで、小屋を建ててある倉庫の壁に設置されていたコンセントから、小屋の中に配線を引き込む事とします。ついでに、これまで真っ暗だった小屋の中に、赤外線感知の電灯を付けました。これで、ツーリング前日の準備や片付けも楽々です。


[ 備 考 ]

●適応バッテリー
 12V(ノーマルタイプ解放型、MFタイプ密閉式、GELタイプ)
 2.5~32Ah(補充電、メンテナンスモード)
 最大65Ah(メンテナンスモードのみ)
●入力電圧:AC100V 50/60Hz
●出力電流:DC12V 0.6定電流
●サイズ:幅63mmX奥行き160mmX高さ55mm
●重量:0.7kg
●コード寸法:入力側1.7m 出力側1.9m
●付属品
・車両用ケーブル
 予めバッテリーに接続し、ワンタッチでメンテナー本体と接続を可能にします(保護ヒューズ付)
・ワニ口クリップ
 バッテリーを車両より外して補充電をかける際使用します。
・2.5m延長ケーブル

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/20

『関所の湯』で温泉と旨い蕎麦

最近疲れ気味だと言う妻から「温泉に行きたい!」との要望が。「そう言えば、最近『関所の湯』に行っていないなぁ」と言うことで、昨日は、下の子供2人と妻と私の4人で『関所の湯』へ行ってきました。

060219_01060219_12
ドンヨリと曇った空を見上げながら、朝7時45分に自宅を出発。県道110号線から国道6号線、国道118号線と通り、奥久慈の山間にひっそりと佇む『関所の湯』へは午前10時15分に到着。「ふくろだ仙人」がお出迎えです。

私が初めてここを訪れたのは、今から5年程前だったでしょうか。その頃はまだ訪れる人も疎らで、悠々と温泉気分を楽しめたものでした。しかし、昨日は何と「はとバスツアー」の団体客までがいらっしゃる程。いつの間にか有名になってしまい、何と無く嬉しいような寂しい様な、複雑な気分です。

ここの温泉は「ナトリウム硫酸塩塩化物泉」で、少しヌルヌルした感じのする温泉です。内風呂は「循環掛け流し」となっており、少しぬるめの温度設定。岩で出来た露天風呂は「打たせ湯」もあり、こちらは少々高めの温度設定となっています。

060219_10この奥久慈周辺の温泉自体は、大体が同じ様な泉質となっているので、どこへ行ってもあまり変わりは無いのですが、何と言ってもここは『料理』が旨い。蕎麦打ちの実演もされており、やはりイチオシは蕎麦料理。他にもコンニャク料理やゆば料理など、とにかくどれを食べても美味しい料理ばかりです。私は今回「奥久慈味セット」(1,500円)と「川エビ」(400円)、「鮎の塩焼き」(400円)を頂きました。

060219_15060219_25
温泉と料理を満喫し、少し早いとは思いましたが、団体のお客さんも大勢入ってきたので、午後12時30分に『関所の湯』を出発、帰路に着きます。途中、「こんにゃくの里」でお買い物をし、「不動の滝」を見学。白鳥の越冬で有名な瓜連の「古徳沼」で白鳥を見て、「ひたちなか港」で再びお買い物。「JAサングリーン旭」「海と森の里」へと寄り、午後5時10分帰宅です。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006/02/11

鹿嶋で見つけた旨い『蕎麦屋』!

旨い蕎麦と言えば、信州や東北が定番です。当然、そうした名産地には及ばないかもしれませんが、地元で見つけました『旨い蕎麦屋』。鹿嶋市長栖にある県道238号線沿いの蕎麦屋『秋津屋』がそれです。

IMG_0011IMG_0005
石臼を使って挽いた常陸蕎麦を、手打ちで打った「二八蕎麦」なのですが、蕎麦の香りも芳醇で、腰もあり、とても美味しい蕎麦屋です。

店内はジャパンチックな感じの小物で統一され、冬場の今は寒いですが、店長お手製の「囲炉裏の部屋」も用意されています。また、予約をすれば「手打ち蕎麦体験」もする事ができます。

IMG_0007IMG_0009
今日は、私の好きな「ざる鴨汁」の大盛り(1,150円)を頼みましたが、「今日は特別に茶蕎麦を打ったので」と茶蕎麦を出してくれました。ちなみに、大盛りは200円増しとなっています。

仕事で鹿嶋に行くことが多い私にとって、昼食が楽しみになりました。なお、毎週月曜日が定休日となっています。

是非皆さんも足を運んでみてください。味は私が『保証』します (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/09

倖田來未の『Best』を買っちゃいました

Best かなりどうしようか迷ったんですけど、結局買っちゃいました「倖田來未の『Best』」。CD2枚+DVD1枚の3枚組でした。

昨年の9月21日に発売された物ですが、昨年の「レコード大賞受賞者」と言うこともあり、かなり売れたCDだったらしいです。

最終的にはジャケットに『ドキッ!』として買ってしまった気も・・・ (^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/07

私の賞味期限は「49歳」?

『火魔神さんの賞味期限は、ズバリ2013年7月11日です。』
バボバボさんのページで紹介されていた「賞味期限チェッカー(人間用)」をやってみたら、そんな結果が。

『いっちょまえの人間として扱えるのは約49歳まで』だとか・・・。さらに、「"男"としての期限」に至っては、『約42歳』との判定。今年42歳の私は、もうすぐ終わりらしい・・・。で、それを過ぎると魅力を感じてくれる異性が居なくなるのだとか (^^;

そういえば、ちょっと前に流行った「日本歴史占い」では『坂本龍馬』でしたし、「新動物占い」では『おとなしいたぬき』でした。

つまりは、『あまり目立たず、周りの人のサポート役に徹した挙げ句、約49歳で人々から忘れ去られてゆく存在』と言うことでしょうか。

う~ん、何だかだんだん寂しい気分になってきた・・・ (-.-;

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/02/05

羽田空港へ行きました

いや~、別に写真を撮りたくて行ったわけではないんですがネ、折角行ったのですから、一応『お約束』と言うことで、「飛行機の写真」を撮ってきました。

IMG_1970 IMG_1974
ただ、バードウイングの展望台は金網が張り巡らされているので、画像のシャープさがイマイチなんですよネ~、これが。持って行ったレンズも「EF100-400mmF4.5-5.6LIS」なんで、これもまた問題あったかも・・・。どうも画質が悪い。もしかして「ISレンズ」の特徴なのかなぁ・・・?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/01

『雨引観音』へドライブ!

「板東三十三ヶ所観音霊場」の一つとして名高い『雨引観音』へドライブしてきました。目的は三つ。

  1. 同僚の女子社員のために、安産祈願のお守りをゲットする。
  2. 雨引観音で写真撮影をする。
  3. 笠間焼きの焼酎カップを手に入れる。

1月29日日曜日。朝から良い天気で、絶好のドライブ日和です。本当はCBR1000Fで行きたいところですが、先日降った雪の影響で、峠は未だにアイスバーンとの情報もあります。用心のため、今回はテラノでドライブする事に。

国道355号線から県道7号線へと進むと、事前の情報通り筑波山の北部の峠道は「残雪」「アイスバーン」が至る所に点在します。『やっぱりテラノで正解だったか・・・』

県道41号線から「雨引観音」の参道を通って駐車場に到着すると、もう1月も終わりだと言うのに、参拝客で大賑わいです。早速石段を登って境内へ行き、お守りを頂きます。しかし、これがまた一苦労。ここにも長蛇の列が出来ており、お守りを頂くのに30分。有り難さ『倍増』です。

IMG_1930IMG_1935IMG_1931
お守りもゲットし、まずは第一目的達成です。続いて、「雨引観音」で写真撮影。以前、友達と訪れた事もあり、懐かしい思い出に浸りながら境内を撮影して歩きます。これで第二目的達成です。

IMG_0003IMG_0002
二つの目的を無事達成し、残りのミッションは「焼酎カップを手に入れる」です。ですが、その前にまずは腹ごしらえ。県道7号線の途中で見つけた「そば処にしむら」へ入り、ここで「鴨セイロ」(890円)を頂きます。

お腹も満たすと、早速今度は県道7号線から国道355号線を経て笠間市へと入ります。ここには以前から好きで良く立ち寄る窯元「三宅陶園」があります。電気釜が主流になりつつある笠間の窯元にあって、未だに登り窯による作品作りをしている窯元です。当然、陶器はどれも丈夫で長持ち。その色合いも一種独特で、特に赤の文様が入った作品は、どれも素晴らしい物ばかりです。

IMG_1940IMG_1945
今回の私のターゲットは「焼酎カップ」。お店の奥さんが薦めてくれたのは、例の赤の文様が入った5,000円のカップです。しかし、自分で使うカップに5,000円はちょっと・・・。と言うわけで、今回は1,000円の物をゲットしました。

fm1IMG_0004
3つの目的を無事達成し、「雨引観音」で買った「瓦せんべい」を手みやげに、意気揚々と凱旋帰宅です。当然、夜は「焼酎カップ」を使って一杯。陶器のカップと言うこともあってか、いつもより焼酎が美味しく感じるのは、決して気のせいでは無いはずです。

『う~ん、ついつい飲み過ぎてしまいそう (^^ゞ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »