« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/13

ついにデュアルへ・・・

会津柳井津についで、磐梯山周辺でFOMAの屈辱的な電波状態を経験し、ついにデュアルネットワークサービスに契約する事にしました。

と、ここで問題になったのが、デュアルで使える番号無しのmova本体が、手元には、時の風潮に流されて購入したN503is一台のみと言うことです。もともとずっとPを使っていた私でしたので、ほどなくP504isに変わってしまった機体です。

かと言って、デュアル用に新たにmova機を購入しようとすると、現在、近くの量販店では1円(手数料別)となっているP505isであっても、何と40,000円前後と言う高額となってしまうと言うのです。これはmovaで10ヶ月以内の機種変更をするよりも高額と言うことになり、実質的には選択困難なパターンだと言えます。

余談になりますが、デュアルの契約には手数料2,100円がかかりますが、movaからFOMAへ切り替えと同時にデュアルの契約をすれば無料となります。しかし、確かに販売店よりFOMAへの切り替え時に電波状態について警告されましたが、実際に使ってみないと、その電波状態がいかに最悪か判りませんし、私の場合も、結局FOMAへ切り替えた時点ではデュアルの契約はしなかったので、結局2,100円と言う手数料を支払う事になってしまいました。

また、一端デュアルの契約をした後、デュアル機を別のmova機に変更する場合は、再び手数料2,100円がかかってしまいますし、更に、量販店でFOMAの機種変更(買い増しと言うらしい)をするには、一端docomoショップでデュアルの解約をしなければなりません。もちろん、引き続きデュアルを利用するには、2,100円を払う必要があります。

なお、この冬発売予定の901iシリーズからは、800MHz帯と2GHz帯のデュアルバンド機になる予定でしたが、実際は800MHz帯の電波割り当てに関する訴訟のために、次期機種以降に見送られてしまいました。

さて、本題に戻りますが、デュアルの契約をするのに必要なmova機ですが、新品で手に入れる為にあれこれ色々な手段を考えた結果、結局P505isの新品を6,000円(手数料込み)程度で手に入れる事ができ、これでデュアルの契約をすることとしました。

もともとP900iへ変更しようかP505isにしようか迷ったぐらいですから、P505is自体への不満はまったくありませんでした。むしろ、ソフト自体をNECと共同開発しているP900iに比べて、ずっとPシリーズを使ってきた私にとってはP505isの方が使いやすく、また、セキュリティに関しては断然P505isの方が上です。

月額使用料315円が高いか安いかは微妙なところですが、今ではTPOや行き先に合わせて2台を切り替えて使っています。もちろん、新規に登録した相手先等は、いちいち両方に登録する必要がありますが、これも赤外線機能を使えば容易にすることができます。むしろ、機体の損傷等でデータが無くなる危険性も、2台持つことで回避する事ができますし、電池が危うく成ったときには、もう1台の方へ切り替えて使うなど、その利便性はかなりの物だと思います。

ただし、通話料金等については、断然FOMAの方が割安ですので、特にiモードの利用はFOMAに切り替えて使うようにしています。

docomoでも、そう遠くない将来には全てFOMAへの移行を考えているようですが、現行の2GHz帯だけでは足りないのは明白ですし、間違いなく800MHz帯とのデュアルバンド機を投入して来るでしょう。実際、私が経験したように、東北地方などではまだまだFOMAのエリアに不安がありますし、docomoでも今後の大きな課題となっていると思います。どうか、一日も早いデュアルバンド機の投入をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »